--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 03. 27  
26211577.jpeg

YAMAP記事はこちらから

今年も恒例の雪洞掘りをやってきました。
バイク仲間”チーム摩利支天”で始めた雪洞大会でしたが、今年はそのメンバーは二人だけ。
そのかわり、代表だったYSさんの息子とその友人が大挙参戦。
YSさんはもういないけれど、DNAはしっかり受け継がれました!!
8人の若者のパワーで、たぶん?今までで最高の広さに仕上がりました。
10畳くらいの広さでしょうか?(8メートル×2メートルくらい)
天気も良く最高。
ふだん飲まないのに、気分良くて沢山ワインを飲んでしまい気分が悪くなってしまい若者の2次会にはついていけず先に就寝。
JBLのBTスピーカで音楽が流れるなど、時代の変化が感じられました。

朝は吹雪になっていてびっくり、それでも積雪はちょっとだけ。
楽しいあっという間の二日間でした。

26211563.jpeg

26211253.jpeg

昨年の記事はこちらから
スポンサーサイト
2018. 01. 08  
まとめたあとに駆け込み登山があったので追記します。

あっという間に2017年も終わってしまった。
今年は頑張ってトレーニングしてたのに、本番山行が少なく何だったんだろう、と言う感じ。

楽しかった山登りベスト
1.青木鉱泉〜鳳凰三山〜千頭星山〜青木鉱泉 6月16日 
   天気が良く、気持ちいい山登りが出来た。
2.戸台〜鋸岳周回 9月21日 
   快晴の中、ヤマレコ仲間との楽しいコラボ登山
3.駒ヶ根高原〜空木岳〜檜尾岳〜駒ヶ根高原 7月23日 
   悪天の中痛恨の負傷、初心忘るべからず
4.仙丈ヶ岳(地蔵尾根ピストン) 10月26日 
   紅葉とチョイ雪の地味で雄大な尾根登り
5.池口岳(池口登山口よりピストン)4月30日
   残雪の南ア南端の名峰は簡単ではなかった!
6.念丈岳周回(およりての森より完全周回)7月2日
   天気イマイチも楽しいコラボ登山
7.阿弥陀岳南稜・北稜・中央稜 12月21日
   年末天気がいいので雪のとき行ってなかった北稜・中央稜をゲット

そのほか登った山は
 経ヶ岳 4月29日
 烏帽子岳(念丈前衛峰) 5月1日
 高岩 5月2日
 霧訪山 5月24日、6月8日
 天狗岳(八ヶ岳) 6月5日
 安達太良(石筵より周回) 6月10日
 博士山 10月9日
 守屋山 10月21日、27日
 花塚山 11月3日
 安達太良山沼ノ平周回 10月1日
 安達太良山塩沢コース篭山他 11月4日
 霊山 11月5日
 額取山 11月12日
 雨乞岳 11月20日
 戸倉山 11月23日
 信夫山 12月2日
 半田山 12月9日
 オボコンベ山・桐の目山 12月23日
 スノーシューで吾妻山 12月29日、31日

なんと小山の多いことか。
トレーニングで登っているつもりが本番無しとは。

この他に吾妻山中天狗コースの刈払い、コース整備
 刈払いは合計3回
 一切経まで行ったコース周回2回
登山道整備は初の体験で下が、なかなかの充実感でした。
来年もしっかり整備し完全コースを目指したい。

それと会社裏山の開拓(大見山コース)
いろいろ歩き回り、最後の8回目に簡易標識を設置。
来年もちゃんと残っているだろうか?
夏の会社後に行けるなんて夢の様な環境です。

北アルプスに計画はしたけど一度も行かなかったなんて何ともさびしい。
来年はどんな山登りが出来るだろうか。
どれだけ山で楽しめるのか、自分史最高の楽しい山登り目指し
面白いラインをひくのが楽しみです。
2017. 12. 19  
あっという間に2017年も終わってしまう。
今年は頑張ってトレーニングしてたのに、本番山行が少なく何だったんだろう、と言う感じ。
残し僅かで休暇とってどこか行こうかと思っていたけれど、休みも取れそうにないし、寒さに負け行く気がしない。
最後はちょっと宮城の小山に行って、最後の最後にスノーシューでちょっと歩いて終わりになります。
なので、ちょっと早いけれど今年のまとめ。

楽しかった山登りベスト
1.青木鉱泉〜鳳凰三山〜千頭星山〜青木鉱泉 6月16日 
   天気が良く、気持ちいい山登りが出来た。
2.戸台〜鋸岳周回 9月21日 
   快晴の中、ヤマレコ仲間との楽しいコラボ登山
3.駒ヶ根高原〜空木岳〜檜尾岳〜駒ヶ根高原 7月23日 
   悪天の中痛恨の負傷、初心忘るべからず
4.仙丈ヶ岳(地蔵尾根ピストン) 10月26日 
   紅葉とチョイ雪の地味で雄大な尾根登り
5.池口岳(池口登山口よりピストン)
   残雪の南ア南端の名峰は簡単ではなかった!
6.念丈岳周回(およりての森より完全周回)
   天気イマイチも楽しいコラボ登山

そのほか登った山は
 経ヶ岳 4月29日
 烏帽子岳(念丈前衛峰) 5月1日
 高岩 5月2日
 霧訪山 5月24日、6月8日
 天狗岳(八ヶ岳) 6月5日
 安達太良(石筵より周回) 6月10日
 博士山 10月9日
 守屋山 10月21日、27日
 花塚山 11月3日
 安達太良山沼ノ平周回 10月1日
 安達太良山塩沢コース篭山他 11月4日
 霊山 11月5日
 額取山 11月12日
 雨乞岳 11月20日
 戸倉山 11月23日
 信夫山 12月2日
 半田山 12月9日

なんと小山の多いことか。
トレーニングで登っているつもりが本番無しとは。

この他に吾妻山中天狗コースの刈払い、コース整備
 刈払いは合計3回
 一切経まで行ったコース周回2回
登山道整備は初の体験で下が、なかなかの充実感でした。
来年もしっかり整備し完全コースを目指したい。

それと会社裏山の開拓(大見山コース)
いろいろ歩き回り、最後の8回目に簡易標識を設置。
来年もちゃんと残っているだろうか?
夏の会社後に行けるなんて夢の様な環境です。

北アルプスも南八ツにも行かなかったなんて何ともさびしい。
来年はどんな山登りが出来るだろうか。
どれだけ山で楽しめるのか、自分史最高の楽しい山登り目指し
面白いラインをひくのが楽しみです。
2017. 11. 26  
今年はロング歩くぞぉ、と頑張ってトレーニングして来たのに、天気が悪かったり、怪我をしたりで散々な年でした。
結局ロングと言える登山は
 4月30日 池口岳
 6月16日 鳳凰三山・千頭星山周回(青木鉱泉より)
 7月02日 念丈岳周回(およりての森登山口より)
 7月23日 空木岳〜熊沢岳〜檜尾岳(駒ヶ根高原より周回)
 9月21日 鋸岳
 10月26日 仙丈ヶ岳(紅葉とチョイ雪の地蔵尾根)
池口岳と鋸は20kmを越えていないけれど、ボリュームはある山だった。

で、ここの所小山歩きがマイブーム。
アパート付近では守屋山がお気に入り、会社裏山の開拓も楽しかった。
吾妻中天狗コースの刈払いも楽しかった。
安達太良も久しぶりにずいぶん登った。
会津の博士山も良かったし、郡山の額取山も意外に良かった。
花塚山も周回コースはじめて行って面白かった。

もう12月だけれど、今年は冬山行けるかなぁ
寒いとなかなか足が向かない。
ちょっと頑張ってみようかなぁ
2017. 10. 21  
ドローンの飛行に関しては、まずは航空法を守る必要があります。(国土交通省)
ただし、これは200g以上の機体が対象となります。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

で、実はそれだけではなく国立公園などの自然公園で飛ばす場合には
環境省、林野庁、自治体の許可を取る必要があるとのことです。
http://drone01.com/category2/category46/

特に人の集まる様な場所では規制が明記されています。
浄土平はこんな感じでちゃんと許可とってくださいよ!ってことです。
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=10705

都市公園などに比べると、人に迷惑がかかりにくい場所なので
規制は緩そうではありますが、そう言うことであれば
私が撮影したのはちょっとマズいことですので
動画はネットから削除する事にしました。
2017. 09. 07  
最近のドローンはGPSや気圧センサー内蔵でおもちゃながら安定した飛行が楽しめる。
最初は5万くらいするのを買おうかと思っていましたが、2万程度のものでも十分と言うことがわかり早速購入し練習中です。
バッテリーは5ヶ購入、1個だいたい10〜20分は飛ばせるので結構楽しめる。

吾妻山で飛ばした時は台風の影響で墜落、ロスとしてしまいました。
なんとか見つけましたが、怪我しちゃいました。それでも飛行は可能。
もうちょい練習し、見れる映像を撮りたいなぁと思っています。


箕輪ダム 奥で練習

吾妻山 ラクダ付近で痛恨の墜落

天戸川で練習

箕輪ダム 下から飛ばしてみた1

箕輪ダム 下から飛ばしてみた2
2017. 09. 07  
大見山登山道-標識設置!!(久々のエTCわいわい登山)

8/26、27と設備設置で休日出勤、今日は午前で終わりそうだったので以前の工場の同僚を誘って会社裏山に行きました。
何の因果か、私は福島で同僚は神奈川と宮崎から箕輪町に単身赴任、今は工場は違うけれど山と酒を通して交流は続く!!

諏訪の街から大見山への直登コース、眺めはないけれど快適な尾根登りで大見山まで一気に行ける素敵なルート。
是非皆に歩いてもらいたいので、標識を作って設置して参りました。
ただし、道はありませんので経験豊富な方、地図が読める方、GPSで歩ける方限定でお願いします。

紅葉の時期になればもっと気持ちいいかなぁ?
でも、今回みたいに4時間かかるのであれば、八ヶ岳やもっと良いとこに行けるんだね。
いろいろ歩いて、歩く所がなくなった方は是非おいで下さい。
2017. 09. 07  
吾妻山:ラクダ街道刈払い完了

刈払いを進めていた廃道となっていたクラシックルート、ついに開通しました。
前回刈払いしルートは繋がったものの、笹の枝が剣山の様になって危険な道でした。
今回後輩のsatokenさんが見事なまで刈り進みとても素晴らしい道になりました。
赤布もしつこいくらいに設置、迷うことはありません。
是非皆さんお使いください。

今日はドローンを持ち込んで素晴らしい景色を撮影!するつもりでしたが、台風の影響で風が強く一回目の飛行で大胆に墜落しロスト!!15分くらい薮の中を探しまわりなんとか見つけることが出来ました。その後は更に風が強くなり飛行は諦めました。もう一度行くしかないね。
2017. 08. 08  
諏訪湖では夏場毎日花火があがります。
大花火大会(8月15日)は見事だそうですが、混雑するし、帰省してるので見たことはありません。
足の具合も悪いので、花火でも見て身も心もリフレッシュです。

サマーナイトファイヤーフェスティバル

20時半から15分間、これでも飽きずに十分楽しむことが出来ます。

8721631.jpeg

17437104.jpeg

8721421.jpeg

昨年は諏訪湖一周してから花火を見ました。
https://yamap.co.jp/activity/470092

今年は仕事を目一杯やってから
https://yamap.co.jp/activity/1063279
2017. 08. 08  
7月23日に中央アルプス空木岳に出かけてきました。

空木岳〜熊沢岳〜檜尾岳(駒ヶ根高原より周回)

天気が悪く、状況によってピストンにするか、その先進むか色々考えながら登りました。
身も心も今ひとつ、、、とにかく気分が乗らない。
眺めは無いし、寒くて低体温症の様になって手がぱんぱんになるし、でも綺麗な高山植物には癒される。

そんな気持ちで歩いているとろくなことは無い。
下山はじめの頃に、斜めに置かれた5段程度のアルミ梯子でスリップ!
段を飛び越えながら滑り落ち、最後の段で間に落っこち向こう臑を激しくぶつけてしまった。
幸い足をぶつけただけでその他は無事だった。
痛かったけれど、骨は頑丈!!折れる様なことは無い!!そのまま歩き続けた。
でも、あまりに痛いのでぶつけた所を見てみると流血しているではないか!
アルミの角材で殴られた様なもの、キズが出来るのは当たり前だった!!
血はタイツからしみ出し、スパッツも血が沁み出ている。
雨でぐしゃぐしゃだし、こういう時に限って応急具は持って来ていない。
とりあえず血を止めるのと汚れから分離するためにティッシュを折り畳んで傷口に当て、タイツで覆った。
そのまま下り続けたが、痛みはどんどんひどくなるし、久々の膝痛が出てしまい最悪の下りになった。
登山道が歩きやすい道だったので助かったが、最後の頃は10分歩いて2分休むくらいのペース。
その後最後は5km強の舗装路歩き。
雨が強くなったけれど、傾斜が緩いので膝の痛みはなんとか大丈夫。
予定より2時間弱遅れて車までたどり着いた。

次の日会社へ行ったが、だんだん痛みがひどくなって来て足首も腫れて来た。
一晩寝れば良くなるだろうと思ったが、夜は痛みで目が覚めるほどになった。
心配になっておなじみ”芦沢整形”で見てもらった所、骨は問題ないが、たぶん”ばい菌”が入って化膿してるとのこと。
普通、山は気温が低くばい菌でこんなになることは無いんだけどなぁ!ってこと。
とにかく抗生剤をもらって様子を見ることに。

20258188_1081725198626039_7008521886058217612_n.jpg

悪いことに、下山してから傷口を洗い流し、キズパワーパッド(キズを密閉するやつ)を貼ったのだが、これがバイキンを封じ込めてしまったみたい。
その後腫れも痛みもだんだん和らいでいった。
でも、こういう痛みは寝ると痛みが増す。
血の巡りが悪くなるせいだろうか。

20369710_1082048018593757_5453103098150616318_o.jpg

化膿の腫れと痛みはなくなっても、打撲の痛みはなかなか良くならない。
向こう臑の筋も痛めてるのでなかなか良くならない。
10日ほどで普通に歩けるよいになり、2週間後の先日の日曜日に吾妻山で登山道整備をして来た。

ラクダ山地理院地図コース再生作戦完了

痛みが残っているのと運動してなかったことでかなりつけれたし、傷口からまた少し血(体液?)が出て来た。
それでも、その後遺症は無くどんどん良くなっている。
やはり、痛いからと安静にしているよりは、適度に動きながらリハビリするのが良いのだろう。

怪我をしたのは、全くもって油断から!!
山ではよほどのことが無いかぎり気を抜いちゃいけないのに。
まだまだ修行が足りないと言うこと。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。