--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 08. 08  
7月23日に中央アルプス空木岳に出かけてきました。

空木岳〜熊沢岳〜檜尾岳(駒ヶ根高原より周回)

天気が悪く、状況によってピストンにするか、その先進むか色々考えながら登りました。
身も心も今ひとつ、、、とにかく気分が乗らない。
眺めは無いし、寒くて低体温症の様になって手がぱんぱんになるし、でも綺麗な高山植物には癒される。

そんな気持ちで歩いているとろくなことは無い。
下山はじめの頃に、斜めに置かれた5段程度のアルミ梯子でスリップ!
段を飛び越えながら滑り落ち、最後の段で間に落っこち向こう臑を激しくぶつけてしまった。
幸い足をぶつけただけでその他は無事だった。
痛かったけれど、骨は頑丈!!折れる様なことは無い!!そのまま歩き続けた。
でも、あまりに痛いのでぶつけた所を見てみると流血しているではないか!
アルミの角材で殴られた様なもの、キズが出来るのは当たり前だった!!
血はタイツからしみ出し、スパッツも血が沁み出ている。
雨でぐしゃぐしゃだし、こういう時に限って応急具は持って来ていない。
とりあえず血を止めるのと汚れから分離するためにティッシュを折り畳んで傷口に当て、タイツで覆った。
そのまま下り続けたが、痛みはどんどんひどくなるし、久々の膝痛が出てしまい最悪の下りになった。
登山道が歩きやすい道だったので助かったが、最後の頃は10分歩いて2分休むくらいのペース。
その後最後は5km強の舗装路歩き。
雨が強くなったけれど、傾斜が緩いので膝の痛みはなんとか大丈夫。
予定より2時間弱遅れて車までたどり着いた。

次の日会社へ行ったが、だんだん痛みがひどくなって来て足首も腫れて来た。
一晩寝れば良くなるだろうと思ったが、夜は痛みで目が覚めるほどになった。
心配になっておなじみ”芦沢整形”で見てもらった所、骨は問題ないが、たぶん”ばい菌”が入って化膿してるとのこと。
普通、山は気温が低くばい菌でこんなになることは無いんだけどなぁ!ってこと。
とにかく抗生剤をもらって様子を見ることに。

20258188_1081725198626039_7008521886058217612_n.jpg

悪いことに、下山してから傷口を洗い流し、キズパワーパッド(キズを密閉するやつ)を貼ったのだが、これがバイキンを封じ込めてしまったみたい。
その後腫れも痛みもだんだん和らいでいった。
でも、こういう痛みは寝ると痛みが増す。
血の巡りが悪くなるせいだろうか。

20369710_1082048018593757_5453103098150616318_o.jpg

化膿の腫れと痛みはなくなっても、打撲の痛みはなかなか良くならない。
向こう臑の筋も痛めてるのでなかなか良くならない。
10日ほどで普通に歩けるよいになり、2週間後の先日の日曜日に吾妻山で登山道整備をして来た。

ラクダ山地理院地図コース再生作戦完了

痛みが残っているのと運動してなかったことでかなりつけれたし、傷口からまた少し血(体液?)が出て来た。
それでも、その後遺症は無くどんどん良くなっている。
やはり、痛いからと安静にしているよりは、適度に動きながらリハビリするのが良いのだろう。

怪我をしたのは、全くもって油断から!!
山ではよほどのことが無いかぎり気を抜いちゃいけないのに。
まだまだ修行が足りないと言うこと。
スポンサーサイト
2016. 09. 23  
明日は長野に来て久々の休日出勤、工事の立ち会いなので忙しくは無い。
それにしても9月は台風、秋雨前線の影響で全然だめだ。
頭に鋸岳に行ったのはとてもラッキーでタイムリーだった。
昨日の秋分の日も山に行こうとしてたけどぜんぜんだめ、アパートにずっといた。
日曜は久しぶりに雨マークが無いので、近場の山に行く予定。
でも、なかなか気持ちが乗らない。

9087712.jpeg

2月に発症した五十肩、半年は治らんよ!!と言われていたが
だいたいピッタリ半年でほぼ治った感じ!!
6〜7月は痛みのピークだったけれど、今となっては良い思い出。
服の着脱や、ザックを降ろすとき、岩場で左手を肩より上げる時などきつかったぁ
でも、一番きつかったのは山でバランス崩してとっさに手を出す様なとき。
そんときは五十肩なんて忘れているので手を出すのだけれど、思いっきり激痛が走る。

8月中旬以降どんどん良くなって行き、脇腹に手が回る様になり、我慢すれば背中も掻ける様になって来た。

今は先週走った諏訪湖一周の影響でかかとが痛く、時々激痛が走る。
これも動いていれば問題ないのが、しばらく動かさないでいて急に歩くと痛みが出る。
ということは骨ではないということ、腱でもなさそうだし、山に行って様子を見よう。

2016. 02. 08  
座骨神経痛が悪化傾向だったので、ロキソニンを飲み始めた。
2月4日、どうも熱がありそうな感じがしたのでお昼休みに体温計を当ててみたら38.8℃もあってびっくり。
ロキソニンを飲んでいたので、関節痛、頭痛、喉の痛みがわからなかったみたいだ。
体温計で熱があるのを見ちゃうととたんに元気がなくなる。
慌てて会社を休む事にして、アパートに戻り病院へ。
すぐさまインフルエンザの検査・・・A型インフルエンザが出てしまった。

会社ではまだインフルエンザがいないので、どこで移ったか?
最近座骨神経痛の治療を兼ねて温泉通いしているし、日曜日は市民体育祭で多くの子供達と出逢ったし。
温泉は湿度が高いからうつるものなのかね??

インフルエンザはホント久しぶり。
長野に来てからはかかってないし、寒川にいた時になったかどうか?良く覚えていない。
いずれにしても、イナビル吸入し治まるのをじっと我慢。
木、金は38℃以上の熱が続き、悪夢に悩まされ、土曜になって漸く熱が下がった。
シャワーを浴びてさっぱり。
食べるものがなくなったので、スーパーへ買い出し。
うつしやすい時期なのでマスクを2枚重ねし、商品に触らず、決めたものをサッと買う。

日曜になると気分も良くなり、月曜の今日は解熱後2日目ということで休み。
ずーっと部屋にいて時間の感覚がなくなりました。

病気は時々かからないと健康のありがたみがわからなくなります。

おとなしくしていたせいか、座骨神経痛の痛みがだいぶ少なくなった気がします。
立ってないと痛くならない神経痛なので、明日会社に行ってどうか楽しみです。
良くなってると良いな。


2016. 01. 25  
椎間板ヘルニアと仲良くやって来ましたが、1/18の降雪による雪かき作業で座骨神経痛が再発してしまいました。
山歩きを10時間やっても問題なかったのに、数時間の雪かきで出てしまうという事は、雪かき作業ってのはよほど腰に負担をかける作業という事ですね。
股関節から太もも裏にかけて激痛が走っています。
座っていると痛くは無く、立っているとだんだん痛くなって来て3〜5分で立っていられなくなります。
動いていれば長持ちします。
じっと立っているのが最悪です。
運動は出来ます。
走ったり、重いものを持ち上げたりも出来ます。
神経痛ってのは骨や関節に異常が出ている訳ではないので大丈夫なんでしょう。

前回発症時は半年以上かかって治まりましたが、今回はもっと早く治したい。
いろいろやってみようと思います。
2015. 11. 26  
今年は膝痛の治療にヒアルロンサン注入で現在絶好調!!
グルコサミンやらロコモア効果、それからそれなりのトレーニングの成果もあったでしょう。

しかし、足首がかなり悪化してきました。
腫れた感じもあり、特に動かさないでじっとしていると固まった感じで痛みが増します。
だましだまし運動を始めると痛みが和らいで行きます。
膝のヒアルロンサン注入時に足首もレントゲンを撮ってもらっていましたが、膝と同じで
かなり軟骨がすり減りヒアルロンサン注入を薦められていました。
なんとか我慢してきましたが、いよいよヤバくなって来たので来週病院へ行く事にしました。

※グルコサミン効果だったら足首も良くなるはずだから、やはり膝が調子良いのは
サプリメントの効果じゃないと言う事でしょうか????

足首だけならまだしも、先日久しぶりに無負荷ランニングをした所、かかともおかしくなりました。
私のかかと後ろ側(裏側でなく)に出ている骨が少し出っ張っていてそれがすれてかなり痛くなります。
靴ずれとは違う骨の痛みです。
夏場は柔らかいトレランシューズで歩いているので痛みは出ません(靴ひもの締め方にも工夫は必要)
が、冬期用靴は何ともなりません。今年は自作かかとサポータを作成し対応してみるつもりですが、
ランニングで出てしまったのでちょっと心配です。
骨を削ってもらえば良くなるのだろうか????

何はともあれ、痛いからと言って休んでいても先には進まないので、とにかく病院に行って、
トレーニングして、靴との相性を探ってなんとか雪山シーズンに間にあわせたいと思います。

日曜日はドッジボールの大会で宮城県の大和町に行きます。
私は今回も審判をやらないので、妻を降ろしたらそこのすぐ近くにある”七つ森”という小山連山に
行こうと思っています。時間があまりないので全部登ることはできないかもしれませんが、
足首の具合を確認しながら走ってこようと思います。
2015. 05. 14  

無料サンプル、当選ってほどのものじゃないでしょう。とは言えまともに買えば効果のほどは別にして高価なものですから。とりあえず飲んでみっぺ。
XperiaT2:はやぶさ半(半澤正則)
2012. 05. 16  
瑞牆山(瑞牆山)登山の後に立ち寄った増富の湯、なかなか良い温泉でした。

増富の湯ホームページ

温泉概要
・源泉泉質
  含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(高張性中性低温泉)
・効能
  糖尿病・通風・筋肉疲労・精神疲労・循環器障害・リュウマチ・アレルギー体質・内臓疲労
  アトピー性皮膚炎・更年期障害・肝機能障害・胆石症、など

◆増富ラジウム温泉郷
山梨県で世界に誇れる温泉といえば、ここ、ラジウム含有量世界一ともいわれる増富ラジウム温泉郷です。 戦国時代には、武田信玄の隠し湯として、また今では四季折々に見せる山の湯治場として年々訪れる人も増えています。 温泉の効能は、神経痛、肝臓障害、リウマチ、胃腸病などで、入浴とガス(ラドン)の吸収で湯治の効果は抜群です。 登山やハイキング、日頃のストレスなどで疲れた体を癒すにはもってこいの場所です。
◆ラジウムの特徴
ラジウムとは、アルファ線・ベータ線・ガンマ線といった、放射線を放出する物質です。
放射線と聞かれると不安に思われる方もおられるでしょうが、ラジウムが放出する低いレベルの放射線は体に良い影響をもたらすとされています。

ーーーーーーーーーー
昨年京ヶ倉登山の時もラジウム温泉に入って来た。

さて、この微量の放射線がどのような効能を示すか、何故体に良いとされているのか?
温泉は良くて、何故ふくしまの低放射線量は悪いのか?

私が思うに、放射線ってのは直接体を修復するような効能はなく、傷つけるだけなのだと思います。
しかし、傷つけるという行為により、体の中の免疫細胞が活性化され、それが効能をもたらすのだと。
もちろんその免疫細胞が活性化してもそれ以上のダメージがあればダメですが、低放射線量の中であれば
ダメージに打ち勝つ以上の免疫細胞の活躍が期待されるのだと思います。

その低放射線量がどれぐらいなのか??それがきっとわからないのではないかと思います。
ラジウム温泉の効能を謳ってる学者さんはちゃんと調べて、それを発表してほしい。

もしかしてふくしまの人たちの病気(風邪をひくとか、下痢とか、頭痛とか)って減ってるんじゃなかろうか??
それとも、免疫細胞が活性化する程の放射線量になってないので何の変わりもないのだろうか?
効果がわかれば福島は街全体がラジウム(セシウム)浴できる天国という事になる。
入場料取っちゃうぞ~~~~

NK細胞量とかを調べりゃ一発じゃなかろうか?
免疫細胞の活性化量を調べれば、放射能の影響を受けてるかどうかわかるんじゃないの?????

素人の浅はかな考えでした。
2012. 01. 12  
今年は昨年より寒いかな?
近所の川もしっかり全面結氷です。
明日朝は-10℃以下になる予定・・・・

寒さとともに座骨神経痛がかなりひどくなっています。
昨年はそれほどでもなかったのですが、今年は朝はタバコ休憩もままならない。
座っても数分は足の太股の裏側の痛みが取れず、痛みが取れても立ち上がると5分くらいで我慢出来なくなってくる。
動いていれば少しは良いのですが、それでも時々座るか中腰になって腰をのばさないといられない。

ドッジの審判はこの状態だとほとんど出来ないので、バファリンなどの痛み止めを飲みます。結構効きますが、半日しか持ちません。あまり飲んでいると効かなくなってきそうでなるべく飲まないようにはしています。

2009年も同じような症状で、夏頃まで痛みが続きました。
今年も同じなのかな~
腰痛体操しててもダメだけど、とりあえず続けるしかないかな。

寝ていていたくて起きちゃうのが辛い。
でも、生きて行けないような病気じゃないからまあ良しとしましょう。

さあ、明日朝の冷え込み楽しみ!!
2011. 06. 20  
今日は新しく買ったモンベルのトレッキングシューズ(マリポサトレールLow)で走ってみた。きつきつなんだけれど、だんだん調子良くなってきた。ジョギングしてもフィット感よく、あたる所も少なくなってきたようです。締め付け強さが次のポイントかも。

さて、体重がここ最近横ばい~+気味なので、少し減らそうと活動開始。
ジョギングもそうだけれど、体重減らす一番の手段は食事制限。
で、夜の食べる量を半分にし、野菜ジュースを飲むことにした。野菜ジュースは久々にパワージューサーの登場。人参、トマト、オレンジ、リンゴを絞ってヨーグルトを混ぜて飲む。今日はこれに白菜も混ぜてみた。
朝はそのジュースの残りと、バナナ、ヨーグルト。
昼は定食を食べずにカロリーメイトモドキを2本。

なるべく沢山おしっこやう○こが出るような食事を心がける。

これと運動。
出来る限り週2回は走るようにして、筋力を落とさないようにする。

体重をとりあえず2kg程度落としたら後はそれを維持できるように食事制限も続けたい。

さあ、どんな感じで進むか。
2011. 06. 20  
よく「はやぶさ半さんは喋っていないと死ぬんですよね?」ってマジ顔で言われます。
そんなことは有りません。
福島=長野の車での移動でも6時間は黙りっぱなしです。
山に行ってももちろん独り言すら声を出しません。木や石に頭、足をぶつけて”痛っ!”って言うくらいです。

なので、喋らなくても死にません。ご安心ください。

と、独り言でした。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。