2008. 08. 31  



今回も準決勝で散りました。今回は明らかに力負けしていました。守備もがんばったけど、それ以上に相手の守備がよく、アタッカーも目一杯打ってたけど外野からの1本しか決まりませんでした。今の実力というところでしょうか。
予選からボロボロ当たっていて、しかも当たってはいけない選手が当たってしまって・・・・それでも点差をつけられていたものを1回戦は引き分けまで、2回戦は逆転勝ち。粘りは出て来たのかな?最初にペースがつかめた原町さんとの試合ではノビノビやってたようです。力の差は無いはずなのですが、最初に余裕が出るとそんな結果がついてくるのでしょう。
今回も反省点だらけでした。来週の福島市ドッジリーグで最終調整、そして次の週は大阪(ひらかたカップ)、その次が本宮のみずいろカップ、さらに次が松島スーパーカップ、ドッジ漬けの日々ですが息子の残り少ない日々を大切に過ごしていきたいと思います。
スポンサーサイト
2008. 08. 28  
 温泉大好きはやぶさ半ですが、ここしばらく野湯に行っておりません。ワイルドな温泉に行きたくても近場にはないな~(沼尻の川湯は近いけどね)と思っていたら、すごい場所がありました。
http://achikochi.takema.net/kokunai3/08funoyu/funoyu.htm
 場所は全く公開されていませんが、おやっ!写真でヒントがあったぞ~文章でもなんだかあそこだな~ってわかりました。よし、ターゲットはあそこだ。
しばらくドッジボール忙しいけれど、暇を見つけて行ってみよう。
2008. 08. 26  
小中学校夏休み最後の土日は雨でした。しかも冷たい雨、もう2,3度川遊びしたいと思っていたけれどとても行く気になれない冷たさです。

夏休み中に三男と映画2本見てきました。『ナルト』『ポニョ』です。
ポニョをこれから見る人は以下読まないでください。
ポニョを見て息子と話をしました。私は5歳の金魚の子供が人間にあこがれて人間になる、それを親が認めて人間の世界に子供を送り出す、そんな非現実的で、ただの甘やかし的なストーリーに文句を言いました。5歳の子供なんだから明日には気持ちが変わってるかもしれないし、ホームシックになるかもしれないし。そうしたら三男は『アニメの世界なんだし、トーちゃんは夢がないな~子供のきもちわかんね~だよね!』だって!
結局駄作か傑作かわかりませんでした・・・・

全く別の世界に触れたとき、最初は素晴らしく良い世界だったはずなのに、そこの現実が見えてくるとだんだんと慣れてきて、そして悪いところが見えてきて・・・そしていつかその世界も自分にとっては普通の世界になってしまう。自分でいろんなことを切り開いていかないと、今いる世界はどんどんつまらなくなっていく。ポニョはあのあとどうなったのだろう?何年も人間の世界で楽しく暮らしているのだろうか?5歳にしてあの好奇心と行動力なのだから、きっと次の世界に旅立っているような気がするのは私だけだろうか????
2008. 08. 18  
今日は夏のドッジボール全国大会がありました。福島からは会津のAoiトップガン、宮城から杉小キャイーンブラザーズ(ともに8/3に鳥川小の体育館で交流を持った戦友です!)が出場!応援に行ったわけです。(偵察でもあるわけです)
Aoiさんは強豪のリーグ(準優勝した大分のオオハタブレイカーズなど)に入ってしまい3敗し予選敗退、正外野の女の子が骨折のため本来の力を発揮できませんでした。それに対し杉小さんは順当に勝ち上がり、トーナメントで愛知のチームさえ簡単に料理してしまった!そして準々決勝は東京のWAKABAクラブというなんだか優しい名前のチームと。ところがどっこい、最初から立て続けにアウトにされほとんど負け試合だったのですが、最後の20秒くらいで見事な逆転、本当の強さはそう言うところになるのでしょうね。準決勝は再び安心して見られる試合。
そしていよいよ決勝。大分のオオハタブレイカーズと。
いや~しびれた。三男と杉小大応援団に混ざって応援したのですが、1セット目・アウトにされるし、アタックは決まらないし、ついにはサドンデスに!でも何とかアタックが決まり1セット先取!そして2セット目。このセットは押し気味に進めていたのが追いつかれ、またまたサドンデス。そして、ついに公式戦でセットを落とした杉小を見てしまった!いよいよ3セット目。どちらのチームも試合続きで良く集中力が持つな~凄いです。そしてついに勝利の女神は東北の地に優勝旗をもたらしてくれました。白河の関を越えて福島通り越し宮城に行ってしまいましたが・・・・・
2008. 08. 16  



8/14 福島の川遊びのメッカ、茂庭の滑滝に行ってきました。
沢山の人たちが遊びに来ていました。やはり家族連れが多く、小さい子達は滑滝の上流の浅く流れの緩やかな所で水浴び、青年たちは滑滝の滝壺で飛び込んだり、泳いだりして遊んでいました。我が家の次男三男は人の多さと深い川にびびってしまいろくに遊べず。とはいえ、実際の所水が相当濁っているので泳いだり飛び込んだりする人たちには楽しいところかもしれませんが、我が家のように魚を眺めたり、網でカジカを捕ったりするするには不向きなところです。1時間もいないで、その後天戸川に向かいました。
・・・・
そうそう、デジカメ大活躍していますが、水が入ってしまったようです。酷使しすぎカナ?暑くなったところから水中に入れると曇ってしまいます。ん~!そこで暖めないようにして、冷やした状態からは使えるのでだましだまし使っています。やはりそう言うものなんでしょうか・・・・
2008. 08. 14  



天戸川に3日連続行きました。次男は高校受験ですが、勉強もほどほどに自然で楽しむのも良いかと思い連れて行ってます。明日から天気が悪くなりそうでもう行けそうにありません。残念です。
夏が楽しいと思うのはこう言ったことができるから。冬は冬でその季節にあった遊びがある、季節を好きになるというのはそう言うことからだと思います。インドアの遊びばかりだとそう言う季節感がなくなります。楽しみな季節を待つと言う楽しみが大切ですね。
カジカやヤマメ、基本的にはキャッチアンドリリースですが、今日はカジカを持ち帰り唐揚げにして食べました。30匹ほどだったかな?とても美味しく頂きました。

写真はこちらから
http://picasaweb.google.com/mhan0123/20080813
2008. 08. 07  



先週末はいろいろありすぎた。
金曜深夜(土曜早朝)の2時に家に到着、風呂入って寝たかと思ったら5時半頃隣の親戚のおじいさんが交通事故で亡くなったとたたき起こされ、でもちょっと休ませてもらい7時頃隣家へ、日程が決まるまでお邪魔して、とりあえずお手伝いも不要で、明日のお通夜までは何もしなくて良いことに。とのことだったのでいったん家に帰り、ドッジボールの練習へ。午後は暑くなったので念願の天戸川へ。水中撮影してきました。堰堤の水たまりはよどんでいるので実際にはあまり綺麗ではなく、ゴミに反応してピントも合いにくい。もっと上流の綺麗なところなら良いのでしょうが、水も冷たいし、我慢我慢。
ヤマメの放流があったそうでかなりたくさんのヤマメと鮎を見ることが出来ました。ヤマメは大きくても15cmくらいだったでしょうか?カジカもたくさん見ることが出来ました。今回は練習のつもりでとりましたが、なかなかうまくとれません。

日曜日は一日中ドッジボール。福島の最高気温35.6℃の中、鳥川小の閉め切った体育館で福島県(Aoiトップガン)と宮城県(杉小キャイーンブラザーズ)の県代表チームに来てもらい、更に白石市のアルバルクキッズ、そして南向台ブルーウエーブと共に暑い熱い戦いをしていました。体重減ったかな?
夜はお通夜、ふらふらになりながら喪服を着用しました。
そしてその日は長野に帰るのを断念! 途中で倒れそうでしたから・・・・職場のみなさん、ご迷惑をおかけしました。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR