--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 02. 21  
親友がなくなった次の年に母の弟が癌で亡くなった。親友の死を経験していたけれど、その死は全く違う物だった。

======================

秀蔵おじさんの旅立ちにあたり

 兄の携帯から母が心臓の血管病である大動脈瘤であること、また秀蔵おじが末期ガンであることを知らされたのはほんの一ヶ月ちょっと前である。無事新年を迎えたと思っていたらとんでもない話である。母の場合はまだその恐れがあるということで確定したわけでなく、さらにたといそうだとしても病状は軽く即死に至るものではない。そしてそれは最新式のMRI検査によりその病気ではないことが確認されどっと力が抜ける思いであった。それはともかく秀蔵おじの場合は深刻だった。食道が原発巣のガンでありすでに肝臓などに転移を起こし手の施しようがない状態であった。

 昨年私の友人もスキルス胃ガンで末期ガンの宣告を受け最期まで戦い力尽きた。新聞や雑誌には末期ガンから回復した話が沢山出てはいるが、それは本当に珍しいことであり、宝くじに当たるよりも非科学的でありそれに当たるのはよほどの幸運の持ち主なのではないかと思う。友人の場合はその僅かな奇跡に賭け、死を受け入れることをしなかった。私たち友人もそんな彼の姿に共感を覚え(と言うよりは無我夢中で)最期まで応援し続けた。とは言っても我々にできることは物質的なものではなく精神的なものが大半である。もちろん末期ガンの患者に対してはそのような支援が本当に重要なのだと思う。生きようとする友人のため何ができるかいろいろ考えながらさまざまな試みを行った。友人もそれに応え告知では数週間の命しかなかったところ半年以上も元気に頑張る姿を見せてくれたのだ。決して延命するため無理な治療を行ったわけではない。抗がん剤があわず苦しんだときはすぐに使用を止め正気を取り戻すことを優先とした。どんなに長生きをしても意識がなくなっては何の意味もない。残念ながら最期の十日程度はかなり悪化し、鎮痛剤の影響で意識もうろうとしまともな話はできなくなってしまったが、苦しみは軽減されていたのではないかと思う。

 秀蔵おじの場合はとても厄介だ。告知を受け生き延びるのが無理であるとわかったときから死を受け入れ、抗がん剤治療さえ行うことを拒否してしまった。それが悪い判断とは思わないが、死を待つだけの人にどのように接してよいのか私にはわからない。応援する訳にも行かない。思い出話をするにも私にはそのネタを持ち合わせていない。会いに行きたくてもそのような理由から足が動いてくれなかった。

 先週末に兄からお見舞いの誘いがありいよいよ行くことになった。どんなに衰弱していても私は昨年筋骨粒々だった友人の衰弱した姿を見ていたので驚くことはないだろう。それに告知を受けてまだ一ヶ月ちょっとしか経っていない。それまで元気?に歩いていた人がそれだけの日にちで弱るはずがないと思っていた。実際友人は告知を受け入院したものの精神的なショックで弱ってしまったことはあっても6ヶ月以上は歩くことができたのだ。進行の速いスキルス胃ガンであってもそうなのだから進行が遅いと言われる老人はまだまだ大丈夫なはずだと思っていた。

 おじは予想通りであった。インフルエンザで40度の熱が出てそれが収まりかけている位の衰弱状態。辛くても食べることができる、それに手などを見てもまだまだ痩せてはおらずガンにくれてやる栄養は残っているようだった。しかし病は気からと言うのが全く当てはまるのだろう。死を受け入れたおじは気持ちの上から相当なスピードで衰弱していたのだと思う。

 友人が頭がぼさぼさの状態で今にも死にそうな状態で寝ているときに(本当にこんなことを言ってよかったのか心配になるが)、「こんなことだから病気が進行するんだ、頭を洗ってさっぱりすれば治った気になるさ。」と言ったら次の日早速頭を洗い次の週には自宅に外泊するまで回復したことがあった。病気の告知を受けたときもそうだ。ちょっと前までは具合が悪くてもマラソンをしたり、自転車に乗ったり元気にしていたのに入院した途端パジャマを着て歩くのもままならなくなってしまった。そのまま知らなければずっと元気で頑張っていたかもしれない??

 おじを見て少し安心した。あの状態なら後数ヶ月は大丈夫だろうと思った。春の桜も見られるかもしれない。うまくいったら息子の婚約者も見つけ出し滑り込みで紹介できるかもしれない!複雑な心境ではあったがそんな気持ちでおじの家を後にした。

 ところがそのおじが今日亡くなったと連絡を受けた。あれから僅か3日だ。見舞いの次の日辺りから話すのもままならなくなり、昨晩病状が急変しそのまま帰らぬ人になってしまったようだ。とても残念な気がした。あまりにあっけなかったのではないか?何もできない体だから死を受け入れたが、それにしても早すぎではないか?もう少し長生きし、いろんなことを奥さんや子供に話すことができたはずではないのか。

 でも、これは秀蔵おじの決めた生き方/死に方だったのだと思う。人に余計な心配、苦労をかけず潔く決別した。(と言ってよいかどうかははなはだ疑問ではあるが。)何れにせよ私が何を言おうと関係がない話だ。私はそのような現実をみてこれからの生き方の肥しにするだけだ。悲しいけれど、生あるものは何れ死ぬ。その死に方はいろいろだ。そもそもそんな死に方がどうだろうと、今を生きる自分の姿がどうだろうかということの方が大事なのだと思う。
 

2003.2.19 秀蔵の甥である正則記す
スポンサーサイト
2009. 02. 20  
単身赴任してTVドラマを見るようになった。とはいっても残業が多いのでDVDにとりだめし、福島帰省の車の中で半分集中しながら見ています。片道6時間程度なのでドラマが5本程度と、所さんのバラエティ、探偵ナイトスクープ、あと映画など見ています。あっ!これは内緒ですよ、○●には。

今のお気に入りは”VOICE””トライアングル””キイナ”です。
なんだか最近は医者や、死者を主題にしたものが多く、そういう時代になってきたのかな~~~って思います。まあ、とても興味深いので見ていて面白いのですが。役者も好きな江口洋介、菅野美穂が久々の登場なのでとてもうれしい。
Voiceは思いっきり法医学の学生が主人公だけれど、死者が日替わりの本当の主人公、トライアングルも死んだ少女を中心にしたドラマです。キイナは死者は出てこない(こともない)けれど、それに近い話題。

と、考えていたらちょうど7年前にガンで亡くなった親友のことを思い出した。その頃書いた文章を掲載してみます。何かの役に立てば!

http://www1.linkclub.or.jp/~hanz/shindan.html

【病気の診断について・医療ミス?】

友人の病気の経過は下記の通りで、よく見なくても気がつくと思うのですが、ステージ4になっているガンにもかかわらずその発見が最初に腹痛で入院してから2ヶ月以上かかっているということです。スキルス癌というのは確かに表面にはっきり出ているものではなく分かりにくいと言われているものの、それにしても10日以上も入院までしてさんざん検査してそれでも分からなかったというのはあまりにひどいのではないか。さらに2度目の入院でも原因不明のまま、揚げ句の果てには町医者の泌尿器科で腹水が発見され、それで癌が分かったというお粗末な結果となっています。ここまでお粗末だと、医療ミスが明らかだと言わざるを得ませんが、残念ながらそれが医療ミス認定されようがされまいが彼はもう戻ってきません。確かに最初の入院の時に病気の原因が分かっていたとしても、彼はなくなっていた可能性が大きいわけですが、それでも余命は延びて家族と過ごす時間も僅かながら多かったはずです。しかしもう彼は実際のこの世に存在しておらずこんな論議は私にとって何の意味もありません。

最近「白い巨塔」と言うドラマが放送されたが、いろいろ考えてしまった。
私は友人がこんな状態で死んでいったのに何もアクションを起こさなかった。医療ミスとなれば彼の命は戻ってこなくても、残された家族には補償がおりるし、病気を発見できなかった医者に2度と同じミスを繰り返さないようにすることができたかもしれない。でも私にそんな勇気とパワーはなかった。それで良かったのだろうかと今でも悩むことがあるが、どちらかというとこの出来事を運命として受け止め波風立てずに過ごしている。

福島医大で余命数週間と言われてからも友人は素晴らしい生命力でその後約7ヶ月生き抜いた。2月になってから末期癌専門の病院に転院したのだが、ある日彼は私に「このまだ生きている姿を医大の先生に見せてあげたい」と言っていた。「まだ足があるんだよ」・・・・その時なかなか面白い冗談だと思ったのだが、彼にとっては本心からでた言葉だったのだと今になって思う。告知を受けたとき本当にショックを受けた、私にはそれがどれほどのショックだったのか、「かなりのショック!」なんて簡単な一言でとても済むものではないことは容易に想像できるが、こればかりは経験したもの以外には分からないのだろう。そのショックを少しでも吹き飛ばしたかったのだと思う。

2002.1.17 91 精密検査実施。スキルス性胃癌でステージ4bとの診断。
最悪の場合、余命数週間との告知を受ける。かなりのショック!
2002.1.11 85 福島県立医大(第2内科)に転院
2002.1.7~ 81 抗癌剤投与開始 5FU(500mg/d)+ シスプラチン(10mg/d) 2/2まで
2002.1.2 76 済生会に再入院 不味い流動食に難儀
2001.12.末 年越しは自宅にて
2001.12.末 済生会にて精密検査を実施 癌であることを告知される(12/27頃)
2001.12.末 医大の勧めで今まで掛かっていた済生会に入院することに。
2001.12.末 横田泌尿器科でCTスキャン:腹水を確認 要精密検査
2001.12.24 67 佐原小学校のクロスカントリースキーの指導に向かう
2001.12.末   済生会にて検査するも原因は分からず。退院。
2001.12.中 再入院(済生会) 腹痛の原因はストレス性ではないかと言われる。
2001.12.16 59 7回/日の便(下痢ではない)で困っているとのメールあり
2001.12.9 52 あずまクロスカントリーレースに出場(3800メートル) クラス9位だって!
2001.12.8 51 摩利支天の忘年会で高湯温泉に登場
2001.11~ 横田泌尿器科に通院を始める
2001.11.7 24 相変わらず腹痛が続くとのメールあり
2001.10.28 11 原因不明のまま退院。
2001.10.19 1 腹痛のため深夜済生会病院に入院。当初腸閉塞かと思われたが結局原因不明。
2001.6~7 --- それぞれ各1回胃痛により藤原内科医院に通院。それぞれ1週間程度で回復。

どんなに大きな総合病院でも、その道の専門医がいなければ正確な診断を受けることはできない。専門医でもその人がどれほどの力量を持っているか、またその時の運不運で大きく変わってくる。スキルス癌だって見る人が見れば成人病検診程度の胃の透視で発見される場合がある。運があるかどうかそれだけが頼りだ。

彼の場合は胃が原発のスキルス癌であったが、そこから腸に転移しそれで腹痛を起こした。それで、腸を中心に検査などを進めたためはっきりした原因がつかめず発見が遅れてしまったと言える。ただ、症状を良く考えれば経験がある医者ならどんな要因が考えられるか分かったはずで、検査もしっかりできたはずだ。専門外で、経験が薄かったので・・・・・で済む問題でしょうか?
こんな感じで何も分からず散って行く人が多いのではないでしょうか。

残念ながら、ある症状に対してだめなお医者さんだって別の症状では天下一品の可能性があります。だからどのお医者さんにかかるかは運になります。で、自分でしっかり勉強してセカンド・サードオピニオンを受けること。これが基本だと思います。医者もわからなければそれをしっかり宣言するべきだと思います。

彼は死んでもうこの世にはいないけれど、家族や友人にその心と戦う力が受け継がれ生き続けています。自分もそんなふうになれたら良いなと思いながら・・・・・・・・
2009. 02. 16  
昨日は一日交流戦でした。
息子も妻も頑張っているので、私も負けてはいられないと久しぶりの審判業です。が、半日でリタイヤです。座骨神経痛が痛くてたまりません。
今日もその後遺症か、一日つらかった。
なんとか腹筋を鍛えて克服したいと思っています。
来週は市民体育祭、また一日頑張って審判やらナイト。

交流戦は福島3チーム、宮城3チームが白石に集結し2コートで80試合のハードスケジュール。鳥川の目標はとにかく負けないこと。いままで練習でやってきたことをどれだけ出すことが出来るか、26試合、どこまで集中をとぎらせないで試合ができるか?
監督から1試合負けるごとに1時間のランニングという課題を出された選手達はそれを覚えていたかどうか?きちんと仕事をしてくれました。
長い一日、集中は途切れることはなく目標は達成、それでもフェイントで当たってしまったり、不正確なパスやアタック、監督激怒も途切れることはありませんでした。

白石チームはどんどん強くなります。6年生が一人という若いチームです。
ちょうど昨年の鳥川のようですね。来年度は宮城は面白そう。
今度は鳥川が鍛えてもらう番です。

夕方県大会のTV放送がありました。交流戦のため生で見ることはできませんでしたが、ばっちりビデオに撮れていました。30分番組のため試合は準決勝と決勝のみ、結局うちと杉妻レボリューションさん以外にはとてもつまらない番組だったと思います。私はそのつまらない番組を6年間見続けていましたのでお許しください。監督は緊張のためずいぶん訛っていたな~~
一生の宝物になりました。
2009. 02. 11  

今日は久しぶりの長野でのアパートにコモリっきりの休日でした。
ずっとパソコンとにらめっこ、アップデートのはずがトラブルです。

【1】
息子のドッジも今年で最後、DVDでも作ろうかと昨年夏頃からずーっと考えていましたが、写真撮りが中途半端になりそうだし、悩んだまま年を越してしまった。県大会を目前にして、やはり購入しよう!と決めて買ってみました。 
でも、ドッジが終わってしまったら使い道なさそう、いやいや、山に行って大自然のドキュメンタリーでも作ってみましょう。滝の特集とか。

【2】県大会
ビデオを買い、安くなったSDカード16GBを3900円で購入。(なんでこんなに安いのだろう、はじめて買ったパソコンのHDは350MBだったし、メモリは8MBが5万円もした。)しかし、説明書を見るとバッテリーの持ちがだいぶ良くないらしい。なので近隣のカメラ屋、電気屋さんを探しまわってみたもののどこも取り寄せとか。まあ、何とかなるだろうと思いながら県大会へ。

【3】県大会撮影
新しいビデオカメラにはファインダーがついていない、液晶画面で確認するしかない。ぶれが心配なので一脚を使用して撮影開始。でもファインダーなし、一脚使用では機能性がかなり悪い。
で、やはりバッテリーの減りが早い。午前中でほとんどなくなってしまった。
幸い体育館の管理人に私の親戚がいたので40分ほど充電してもらえた。これは内緒ですよ。
で、いよいよ決勝という場面で残量が!!液晶画面を閉じても撮影続くことがわかったので閉じて撮影してみたのですが、結局減り方は同じだった。1セット目を撮ったところでご臨終、中途半端なビデオになってしまった。

【3.5】バッテリー購入
バッテリーがなくてはどうしようもないので、購入。純正品はものすごく高価なので、ネットで3rdパーティー製を購入。残量表示がされないのだが、だいたい感覚でわかるはず。めちゃくちゃ安い。

【4】編集のために
ビデオ映像のPCへの取り込み!
ビデオについてきたビデオ取り込みソフトはWIN用のみ。Mac用は静止画取り込みだけでした。
で、SDカードを読み込みゃいいのかと思っていたら、簡単ではなかった。
WEB検索で取り込み方法を探したら、MacOS標準のiMovieで取り込めるらしい。ただし、最新バージョンのみで、そのためにはOSも最新の10.5が必要とのこと。
iMovieは使い勝手もよいので、それじゃアップグレードするか!
ということでMacOSXの10.5化に挑戦。Adobe系のソフトが動作不安定になるという話もあったので今まで躊躇していたのだが、その時はなんとかしようということで。

【5】MacOSX10.5
これがトラブルの始まり。
インストール自体は相変わらず非常に簡単で、何事もなかったかのようにうまくいったと思ったのもつかの間、Mailがおかしい。今までのデータが読み込めていない上に送受信が全くできない。アカウント設定の問題かと思っていたが、接続確認では問題ないことがわかった。いろいろ調べてみたが状況は変わらず、削除、インストールしてもだめ。Atokが悪いのか?と思って捨ててみたりしたがそれでもだめ。
半日以上この対応で終わってしまった。
結論は、別のメールソフトを使うこと。
MozillaのThunderbirdというソフトをインストール。非常に使い心地がよいのですが、残念ながらデータをimportできない。あきらめることにした。
Mailがアップデートされたら使えるようになるかもしれないので一時回避で使うことにしてみよう。

おまけ。
Adobeの認証必要になり、使えなくなってしまった。
これがまた面倒、もうちょっとがんばりましょう。

他のソフトは今のところ大丈夫。とはいっても最近使っていたのはAdobeかExelかMailかWebブラウザかPhotoブラウザくらいしかなかったのでまあ何とかなりそう。

【6】ビデオの取り込み
ビデオをiMacに繋いで電源入れたらすぐ接続、ただデータの読み込みはすごく時間がかかりました。フルハイビジョン映像だったからと思いますが、2時間以上かかったかな?しかも容量が90GBに膨れ上がりました。ちょっと容量の大きい外付けHDが必要ですね。箱はあるので週末に買ってくるか。またお金がかなることばっかり。
2009. 02. 01  
福島県予選、優勝しました。
宿敵のAoiさん、杉妻レボリューションさんにぎりぎりながら勝った価値ある優勝です。応援ありがとうございました。

これから祝勝会です。
詳細はあとで報告いたします。

優勝  鳥川ライジングファルコン
準優勝 杉妻レボリューション
3位  Aoiトップガン(鳥川に敗)
4位  ブルースターキング(杉妻に敗)
ベスト8
    鹿島ドッジファイターズ(鳥川に敗)
    いいたて草野ガッツ(杉妻に敗)
    新鶴ファイターズ(Aoiに敗)
    ソウルチャレンジャー(BSKに敗)
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。