--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 06. 30  
今日PLDDの治療を受けに愛知県まで行ってきました。

ここ伊那から高速使って150km、案外近い、のんびり行って2時間半で到着、早速診察を受け、MRI、X線写真を撮ってまた診察、そしてレーザー手術のはずが、なんといきなりこのヘルニアは無理だとのこと。大きすぎてレーザーでは気休めにもならないだろうということです。せっかく今日でこの座骨神経痛ともおさらばだと思っていたのが・・・・写真を見せてもらったらなるほど、だらしないくらいヘルニアが飛び出ていてちょっとやそっとでは直りそうにも無い。

で、今日は仕方ないので脊椎ドックということでさらにCTスキャンをとり、もう一度診察、骨は異常がないとのこと、そして手術をどうするかです。

この病院は日本で唯一?のPELD(経皮的内視鏡腰椎ヘルニア摘出術)を行っている病院で、わずか6mmの切除で内視鏡を送り込みヘルニアを取ってくれるのです。しかも1泊2日もしくは2泊で。ところが、そこからが問題、なんとこれまた保険が利かないため110万円(2泊は120万円)もかかるのです。
その手術をするかどうか決めていませんが、通常であれば2~3週間の入院が必要になりますので画期的に短いし、人体への負担も非常に小さく、成功率も高いとのこと。とりあえず、やると決めたらすぐにできるように術前検査をやってきました。

ということで、今日一日でかかったお金は交通費の6千円位と病院の検査代8万円、いったいなんだったんだろう////
スポンサーサイト
2009. 06. 17  
 毎朝足が痛くていよいよ我慢できなくなってきました。これじゃろくな活動も出来ない、つまり無駄な時間を過ごす原因になるということで、お金はかかるが「経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)」の検討をしていた。完治する確率は半分程度、痛みやしびれが少なくなるのを含めると80~90%は効果がある、残りは変わらないらしい。1回でだめでも2回やるとその半分はまた良くなる、しかしお金はどんどん飛んでいく。この治療で効き目が無ければメスを入れるしか無い。
 悩んだけれども、一日で検査/実施の可否判断/治療が出来てしまうので一発やることに決めた。はじめに銀座の一番治療実績が有るという病院に電話したところ、なんと!85万円だとか。平均が50万円前後というのだからちょっと高すぎるんじゃないかい??ということで、一旦保留。
 甲状腺の病院の近くの医者もいろいろ調べていたらなんだか怪しい。PLDD専門のホームページが有ってホントの専門病院のようだったが、実はいろんな治療をしている病院で、あたかも専門病院のようなHPを別に立ち上げていた。ホントはすごいのかもしれないけれど、怪しいのでやめた。
 一番安い病院が有った。18万円。もちろん怪しさは全くなく、むしろ日本で最初にレーザー治療を行った先生が的確な判断のもと良心的な価格で提供するという内容。でも、レーザー装置やファイバー(一回しか使えない)などの性能によって値段が変わるというので18万円は安すぎ。ちょっと心配。
 申し込んだのは愛知の病院。ここもホントは○○病院なのだけど、その中に腰痛専門の○○腰痛○○センターと名付けた機関を作っているのです。怪しいけれど、ホームページでの治療方法の説明、値段の内訳などわかりやすく説明されており、それを信じて受けることにしました。
 電車で行くととても不便で4時間くらいかかってしまう?ので、ヘルニア手術のはずですが車で向かうことにしました。だって150km程度なので、電車に4時間乗ってるより短く済むし、休憩をたくさん取りながらのんびりしても4時間はかからない。でも、ちょっと心配。いざとなったらモーテルで夜を過ごすかな。
 手術の日は6/30、お金を工面しなくてはいけない・・・・・保険が利かないのは辛い。会社でちょっとくらい補助してくれても良いよね。普通の手術で3週間も休まれたら、仕事してないやつに有給休暇分の給料やらお見舞いやら無駄なお金を渡さなきゃいけないのだから。
2009. 06. 13  

椎間板ヘルニアは良くなることもなく、動けなくなるほどひどくもならず、小康状態と言ったところでしょうか。じっと立っていなければ何とかなるので手術をするかどうか悩んでいます。

手術も最近は切開は最小限で3週間くらいで社会復帰できると言うが、何しろ会社は不景気でとても休める状況ではない。というか、3週休むと言うことは助っ人が来るか、それとも今のメンバーでやるクリすることになるけれど、それでやっていけるじゃんとなれば私なんて不要だったと言うことになる。会社なんてそんなモンです。

で、今検討しているのがPLDDというレーザーを使った治療法。
ーーーーーーー
レーザー治療PLDDは直径1mm程度の針(レーザーファイバーを内包) を患部の椎間板に挿入し、レーザー照射によって「髄核」を蒸発させます。 椎間板内の髄核を蒸発させる事によって内部の圧力を減圧させ、はみ出たヘルニアを引き戻す 事が目的です。
ーーーーーーー
なんと、施術時間は段取り含めて30分くらいとか。
俗に言う半日手術、日帰り手術です。
成功率は60~90%とホームページによって違いはあるし、否定する記事も多く何が何だかという状態。
で、失敗してもやり直すか、手術すれば良いようなので、試しにやってみたらと思うのですが、費用が問題。
保険が利かないために、安いところで35万、有名な実績有るところだと60万以上するのです。

今日福島の整形外科からMRIの写真をもらってきました。
PLDDの病院で無料診断をしてくれるというので見てもらおうと思います。
治るんであればお金は何とかするしかないかな。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。