2010. 12. 28  
若い頃だったら正月や盆に家にいることはなかったのだけれど、今は家にいるのが当たり前になってしまった。なので、今年の登山はもう終わりって訳です。

はじめての登山は中学2年の夏、友達と3人で計画し、電車とバスを利用して安達太良山の縦走を敢行しました。父、母の反対にあいましたが、押し切ってでかけました。あれからはや34年です。
高校では山岳部、大学に入ってからは単独で蔵王近辺の山登りをしてましたが、失恋を機に岩登りに没頭し、年間50~70日を山で過ごしました。フリークライミングは才能がなかったのでしょう、ダメダメでしたが、楽しい日々でした。
結局たいした岩登りの経歴も無く、88年春の鹿島槍北壁、秋の奥鐘山京都ルート完登を最後に危ない山は終わりになってしまいました。バイクのレースに集中していたことと、90年に結婚してしまったことがホントの理由だったかと思いますが。

その後に高校山岳部のOB会でモンゴル、天山山脈に行く機会を頂き、氷河の山を経験させてもらいました。後輩に引っ張ってもらって頂上に立つことが出来貴重な経験でした。

その後はほとんど登ることがなかったのですが、それでも年に1回程度は家族登山などしてました。
ということで、今年は特別だったのです。
いままでこんなにピークハントしたことはありませんでした。
岩に登ってたときは、頂上はおまけみたいなもんで、ほとんど有名な山に登っていませんでした。3000メートル峰は富士山と北岳しか登ったことがありませんでした。
・・・・とは言っても今年も3000m峰には登ってないんだが!

ということで、よくよく見てみれば僅かに9回の山登り、日帰りで、そのまま福島に帰るという制約付きなのでそんなもんかと思いますが、来年はもう少し頑張って金曜の夜に登って福島に帰るとかやってみようかと思ってます。
最低でもこの3つは達成しなければ!
 ・聖岳
 ・空木岳~南駒ヶ岳
 ・甲斐駒黒戸尾根
その他にも魅力的な山が沢山あるのでどんどん登ってみたいと思います。
具合が良ければ久々にバリエーションルートも行ってみたいな~~~
スポンサーサイト
2010. 12. 23  
今年最後の登山、久しぶりの雪山です。雪山は単独登山したことなかったので、ちょっと心配でしたが、無事帰ってきました。

多少甘く見ていたかもしれません。寒さ、雪の量、険しさ、久しぶりの冬山としてはbestな選択だったかもしれません。それでも、数日前からちょっと不安があったのは確かだし、登っていても天気の具合がいまいちだったのでほんとうに行くべきかどうか悩みました。

夜は9時過ぎに就寝し、今までに無くちゃんと眠ることが出来ました。4時に起きて切り餅入みそ汁を食し、5時頃出発。諏訪南インターでおりて八ヶ岳高原をどんどん登り美濃戸口から砂利道、まだ暗い八ヶ岳山荘ではどうやって駐車代を払うのかな~?って心配だったけれどおばさんが待ち構えていて1000円払って完了。
雪は4~5cmって所でしょうか、まだ暗いけど、何グループか登山準備をしていました。
暗いけれども薄明るくなってきたのでヘッドランプは不要。6時25分頃出発。
沢沿いの林の中をどんどん進みます。久しぶりのプラブーツは足首周りが不自由で、ちょっと違和感あり。
進むに従い雪は深くなりますが、踏み跡がしっかりできているので安心です。
IMG_0741.jpg

この調子なら夏と同じでコースタイムの半分で!なんて考えてたけれどとんでもない!
途中で大同心と小同心が!行ってみたかったな~もう無理だね。
IMG_0744.jpg

なんとかコースタイムより僅かに早く行者小屋に到着。何パーティか準備をしてました。私はここでカッパとアイゼンを装着。休みすぎたので、指が冷えすぎて感覚が無くなったため雪山用手袋も装着。
ここから見える赤岳、登る気が削がれるような風の動き!
IMG_0748.jpg

ここから傾斜がどんどんきつくなります。でも眺めもどんどん良くなり大同心、小同心もすぐそこに見えます。
IMG_0750.jpg

稜線に近づくに従いだんだんガスが出てくるようになりましたが、まだまだ眺めはありました。
IMG_0761.jpg

朝日を浴びた阿弥陀岳と横岳方面
IMG_0762.jpg

IMG_0764.jpg




稜線手前でカッパのフードを出しましたが、稜線の風はメチャクチャ強く雪も飛ばしてくるので顔に当たって痛いし、びしょびしょになるし、それが凍って目が開けなくなるし。それで目出し帽登場。それでも目は保護されてないのでひどかった~~~ゴーグルが欲しかった。
稜線手前で50過ぎのおじさんと一緒になり、お互いラッセルしながら進みました。二人になるだけで心強いものです。急になってからはおじさんはどんどん遅れましたが、それでもすごいおじさんだね。単独だし。
IMG_0765.jpg

岩場は心配してましたが、雪のおかげでむしろ危なげなく登ることが出来ました。ピッケルをあえて持っていきませんでしたが、やはりあった方がよかったかな?でもストックで十分役に立ちました。
一気に登って最初に南峰に立ちました。
南峰から見た北峰
IMG_0768.jpg

アイゼンが3度ほどはずれてしまい、難儀しました。もともとこのプラブーツと相性が悪かったんだよね。
北峰にはおじさんが直接登って一足先に休憩してました。
とはいえ、風は強いし、ガスで眺めはないので長居する必要なし!
お互い写真を撮って、おじさんは先に下り始めました。
IMG_0771.jpg

IMG_0777.jpg

セルフタイマーでも挑戦
IMG_0776.jpg

下り始めると、単独のお兄さんと、おばさんが最後の登りで難儀しているところでした。
IMG_0779.jpg

下りは非常に楽でした。雪があるので岩場を無理に通る必要なく、一気に下りました。
IMG_0785.jpg

稜線から離れると風がおさまり、目出し帽はお役御免。朝見えていた大同心はもう見えませんでした。残念。眺めのないただの下りはつまらないものです。

傾斜が緩くなったところでアイゼンを外しました。滑るので歩きにくいですが、すでにスパッツに何カ所か穴を開けてしまっていたので被害を最小限にするためです。行者小屋ではアイゼンとカッパをザックにしまいました。
そこからの下りは長かった~久しぶりの雪山での6時間歩行、なかなか良い運動になりました。

IMG_0790.jpg

IMG_0793.jpg

20101223_.jpg



●登山を終えて
*大きな失敗・・・考えてみれば当たり前ですが、ハイドレーション(タンクからホースが出ていて水を歩きながら飲むやつです)は使えません。行者小屋までの登りではかろうじて使用できましたが、それ以降は凍ってしまいました。寒さのため水分は不要だったため良かったのですが、次は考えましょう。
*ウエア
上はモンベルの半袖ウールTシャツに長袖ウールTシャツを重ね着。見た目はメチャクチャ薄着です。行者小屋まではこの格好で、そこから上にカッパを着ただけでした。山頂の気温は-12℃くらいでしたが、動いていればこれでも十分です。
下はモンベルのサポータタイツに撥水性のあるペラペラのウインドシェルパンツ。一応クリマプラスメッシュという裏地がついているのでそれだけですごく暖かい。
で、結局カッパズボンも不要で、これだけで十分で寒さを感じることはありませんでした。
2010. 12. 20  
昨日は仙台で久々の審判、ピカ審判員と一緒に出来てうれしかった。沢山ミスしてしまい落ち込む場面多々ありましたが、ピカさんのおかげで楽しい一日となりました。
でも、一昨晩は長野から福島に到着したのが1時過ぎ、かなり眠い中での審判でした。でもヘルにアから来る座骨神経痛が思いのほか少なくて良かった!一日頑張れました。
自宅に戻ってからはこたつでお眠しちゃいました。
チームは相変わらず眠れる獅子!
トーナメントでこの日一番の試合で栗生さんに勝利させてもらったのに、次はダメダメ!県大会まであと1ヶ月になってしまい、なんとかして目を覚まさせなくては。

今日は10時過ぎに起床。ご飯を食べて近所の山まで鳥の写真を撮りながら散歩。
でも鳥がいない!撮れたのはトビと百舌だけでした。
IMG_7122.jpg

IMG_7118.jpg

吾妻山の噴煙もいい感じ、それから鳥川小学校と遠く南蔵王連峰です。
IMG_7108.jpg

IMG_7112.jpg
2010. 12. 15  
雨は朝には上がったので水林自然林に向かいました。アカゲラ、アオゲラいないかな~~と思って出かけた訳ですが、いませんでした。あ、アオゲラは見つけましたが写真はダメダメでした。
コゲラは沢山出没してました。でも、あいつ、動きが速くて写真が撮れない。キツツキ系はじっとしてないので写真を撮るのが大変です。シジュウカラやヤマガラもそうですが。
IMG_7014.jpg

それからカワガラス。こいつはカラスってなまえだけに見栄えはいまいち。でもこの姿で水に潜って水中昆虫などを捕ってる。結構な時間潜ってるんですよ。
IMG_7045.jpg

その他見かけたのはシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、ツグミ、カワラヒワ、ヒヨドリ、モズなど。
ヤマガラ
IMG_7047.jpg

そんで、今日もカワセミを見に行きました。
今日もサービスショットありましたが、やはり老眼のせいかピント合わせがいまいち。カワセミはコゲラに比べたらじっとしているし、来る場所もだいたい決まってるので撮りやすいです。
IMG_7062.jpg

IMG_7085.jpg

IMG_7099.jpg
2010. 12. 13  
今日と明日妻が東京で研修のため私は息子の目覚まし係となり休暇を取っています。
予定では日中鳥の写真を撮ってようと思っていたのに、今日のお昼から雪まじりの雨が降ってきてそれどころじゃない、ということでパソコンに向かっています。
明日も午前中は雨の予報。ここ最近の天気予報はほぼ当たってしまうので諦めるしかないですね。
天気予報は昔は当たらなくて怒ってたけれど、当たると当たるでちょっと悲しい!

それでも午前中にちょっとだけカワセミの写真を撮ってきたのですが、10枚程度ファイルが壊れてしまっていてショックが大きい!かなり近いところで撮れたんだけれど。まあ仕方ないですね。

IMG_6985.jpg

IMG_6995.jpg

IMG_6996.jpg

IMG_6997.jpg

思い起こせば今年はほんとうに天候に恵まれませんでした。
登山も中止にしたことが3度あったかな。場所の変更は前の日記に書いた通り。
予定通りは常念の1回だけでした。
自然相手の遊びなので仕方ないんでしょうが、もうちょっと良くても良かったんじゃない?
人生残りわずか、ベストコンデぃションでお願いしたいです、天気の神様、よろしくお願いします。
2010. 12. 13  
私の所属している福島県ドッジボール協会県北支部主催の第6回うつくしまウインターカップが昨日無事終了しました。無事といってもいろいろ不手際があり、何かと参加された皆さんにご不便をおかけしてしまいましたが、終わってしまえば無事終了です。

今回は総務委員長としていろいろ段取り仕事をしたのですが、連絡手段はメールとホームページがメインでした。困ったことに支部長が携帯のメールすら使えず連絡手段は電話とFAXのみ、いろいろと行き違いあり不自由さを感じました。審判長も携帯のメールだけなので、必要なファイルのやり取りが出来ず困りました。
メールも一方通行でちゃんと通じているかどうかわからないことが多いので心配なこともありますが、確実に必要なことは電話で話をしておけば大丈夫と思います。
みんながインターネットの特性を良く知った上で利用できればすごく便利で楽なのですが、なかなかうまくは行かない物です。

結果、宮城県チームに1,2,3位を持って行かれるという福島にとってはとてもショックな結果でした。かろうじて3位に福島市のソウルチャレンジャーが入りましたが、決勝戦は福島県チームにとってはちょっとショックを受けるような力強い戦いが展開されました。今年の福島もどちらかというと守備型のチームが多く、その守備を崩してしまうだけのスピードと破壊力が宮城のチームには備わっていました。

鳥川はそんな中で守備も攻撃もスピード不足と感じました。
特に今回はレギュラーとして参加している3年生がジュニアクラスで出場、また4番ゼッケンの6年生も骨折で欠場ということもあったのですが、それにしても出来が悪かった。前日の練習が良かっただけに余計にそう思ってしまいます。
でも、弱点はわかっているので、それをどこまで改善、修正できるか、あと1ヶ月で県予選、6年生の奮起を期待しています。
IMG_6742.jpg


4年生以下で行われたジュニアのクラスには3年生以下で構成した鳥川トレルンジャーjrが参戦しました。普段はレギュラーで参加してる選手も今日はこちらに専念、見事準優勝で飾りました。
IMG_6747.jpg

IMG_6963.jpg


大会成績
★レギュラーの部
 優 勝 館ジャングルー(宮城県)
 準優勝 Pchans(宮城県)
 3 位 岩沼西ファイターズ(宮城県)
 3 位 ソウルチャレンジャー(福島市)
★ジュニアの部
 優 勝 国田・ツーリーフjr(茨城県)
 準優勝 鳥川トレルンジャーjr(福島市)
 3 位 白二ビクトリーRUN(白河市)
 3 位 岩沼西ファイターズC(宮城県)
★成人女子の部
 優 勝 白二リバティ(白河市)
 準優勝 會津っ娘(会津若松市)
 3 位 ママゴジラ(須賀川市)
 3 位 イエロー判定団(宇宙から?)

写真

http://picasaweb.google.com/fdba.kp2/201012126thUtsukushimaWinterCup?authkey=Gv1sRgCKTj6ZKqpsXfeQ&feat=directlink
2010. 12. 06  
12/3 福島への帰り道、気温が高かったので雪は降らないと思っていましたが、新潟の上越近辺でこんな感じの霰?に見舞われました。
氷の粒が大きくて、車がべこべこになるんじゃないかと心配でした。

[広告] VPS


[広告] VPS
2010. 12. 06  
とは言っても、地区の育成会のドッジボール大会での話です。
鳥川ライジングファルコンと大森ウイニングストリーク、杉妻レボリューションの地区の育成会の大会です。それぞれ細かく分かれるので、ドッジメンバーがうまい具合に分散され、それに運動能力の長けた素人たちが交ざってチームを組む訳です。
もちろんユニフォームはありませんので、学校の運動着や普段着での参加になります。
1633652762_170.jpg

で、私は地区の監督をまかされ、しかも審判やりながらですのでなかなかあり得ないシチュエーションです。監督と言ってもほとんど練習には行けなかったし、今日の大会でも試合の前にちょっと作戦を授けるだけ。まあ、鳥監に普段しっかり鍛えてもらってる6年生アタッカーが3人参加してるので、このメンバーにはほとんど助言はありません。これにプラスしてドッジ現役メンバーの3年生2人、元ドッジやってた6年二人、さらに空手をやっててとっても強そうな6年女子がいるチームですから弱いはずが無い!
ということで、ダントツで優勝しちゃいました。
1633652762_84.jpg

1633652762_181.jpg


これで楽しさを味わった選手がライジングファルコンに入ってくれると良いのですが。なかなかこういうレベルまでだったら良いけど、クラブはだめって人が多いのです。
2010. 12. 06  
水浴びするヒヨドリ、りりしいセグロセキレイ
IMG_6663.jpg

IMG_6649.jpg

カワセミは居るんだけれど、なかなか上手に撮れない。
今度はじっくりロケーション考えながら撮ってみたい。

鳥のアルバムを更新しました。
http://picasaweb.google.com/falcon.naoya/BirdMhanz?authkey=Gv1sRgCN3GgOyfjIbIQg&feat=directlink
2010. 12. 01  
早くも師走、2010年もあと1ヶ月を切りました。
今年はダイエットのウオーキングからはじめ、野鳥撮影、登山と久しぶりのアウトドアの年になりました。
ダイエットは4kg程度落ちたところからほとんど変化がありませんが、その分筋肉が鍛えられスタミナもつきました。おかげで、山に行っても筋肉痛はなく、膝の痛みも出なくなりました。
残念ながら椎間板ヘルニアから来る座骨神経痛は小康状態ながらも痛みは続いており完治には至っていません。

今年の登山は下記の通り8回。全て日帰りです。
最後に天皇誕生日には八ヶ岳の赤岳に行ってこようと思っています。
ひさしぶリのプラスチックブーツでの登山になります。
具合が良さそうならちょっとした冬山散策を2~3回やりたいと思っています。

今年のベスト山行はやはり鹿島槍ですね。山の魅力度、たいへん度、で、体力的にも充実していて、楽しい登山んが出来ました。
その次が仙涯嶺、これはひどい登山道だったのでかなりしょぼくれてしまいましたが、最後に天気がよくなって最高の気分でした。

日付      山、ルート    距離(GPS)  総合登高  ランキング
20100429  大岩山     19.0     1640    D
20100723  常念、蝶ヶ岳  22.2     2134    C
20100813  越百山、仙涯嶺 25.4     1988    B
20100820  鹿島槍ヶ岳   22.9     2248    B
20101009  妙高山     15.4     1497    D
20101021  戸隠      18.2      985     E
20101103  南木曽岳    15.0      780     F
20101123  毛無山     14.4     1106    E
  
  ※ランキングは私が勝手につけた困難度、面白さなど点数付けしました。
   A~Gランクの7ランクで、Aはさいこ~~ってこと。

で、常念、仙涯嶺、鹿島槍以外は天候に恵まれず少し残念でしたが、それなりに楽しい山登りが出来ました。

◇目的地の変更!
・塩見岳に行こうとしたら林道通行止めで越百山、仙涯嶺に急遽変更
・空木岳、南駒予定を天候不順のため、なるべく北の鹿島槍へ。
・御嶽予定を天候不順のため、なるべく北の妙高山へ。
・甲斐駒予定を天候不順のため、なるべく北の戸隠へ。
  次の日に甲斐駒行こうと思ったが、体調不良で中止。
・御嶽予定を雪で通行止めのため南木曽岳へ。
・金峰山予定を天候不順のため毛無山へ。

ということで、ほとんど変更に明け暮れてしまいました。
直前変更に耐えうるように日々研究が必要です。

来年は
            予定ランク
・甲斐駒ヶ岳黒戸尾根  B
・剣岳早川尾根     A
・空木岳、南駒ヶ岳   B
・御嶽         D
・白馬岳、白馬鑓    B
・前穂、奥穂高     B
・塩見岳        B
・赤石岳        A
・聖岳         B

あたりを考えていますが、全ては無理でしょうね。
のんびり一つずつ片付けていきたいと思います。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR