2011. 04. 25  
県北支部の支部長が、吾妻総合体育館にいる児童を対象にドッジ教室を開催。
で、そのお手伝いを鳥川ドッジで行いました。
ところが、始まってすぐに支部長は進行を鳥川ドッジにメチャ振り!びっくりながらもまあ、やってミッカ。

4月23日、児童が通う佐原小学校で行ったのですが、残念ながら来たのはもともとその小学校に通う児童9人だけで、避難の子供達は来ませんでした。雨が降っていたのも原因だと思います。

佐原小学校は福島市の中でも全校児童数20人程度でとても寂しい小学校です。
今回の避難所開設で90人程の転入がありにぎやかになったようです。
次回は今回参加した子供達が連れてきてくれるだろうと期待しています。
IMG_8577.jpg


で、佐原小学校の子供達、楽しそうにドッジをやってくれました。
元々野球やソフトをやってる子供もいて上手にキャッチしたりアタックしてました。
IMG_8601.jpg


最後は大人対子供で、大人は撃沈してました。
IMG_8610.jpg


https://picasaweb.google.com/fdba.kp2/20110423?authkey=Gv1sRgCP_p5P-46o3DWw&feat=directlink
スポンサーサイト
2011. 04. 21  
仲良くして頂いている白石のドッジボールチーム”アルバルクキッズ”の主催で、
 『がんばろう宮城&福島の子供達!カップ』
が開催されました。
IMG_8525.jpg


参加は
 ブルースターキング(郡山市)
 須賀川ゴジラキッズ(須賀川市)
 Pchans(仙台市)
 栗生ファイターズ(仙台市)
 大衡ファイターズ(大衡村)
 アルバルクキッズ(白石市)
 鳥川ライジングファルコン(福島市)
の7チーム。

白石市も大きな揺れで、道は崩れ、建物の被害も大きかったのに、ファイトいっぱいのアルバルクファミリーの力で素晴らしい交流大会となりました。
卒業生は震災の影響で最後のドッジ大会は出来ず、卒業式も出来なかったのですが、今回思いっきりドッジを楽しんでいました。
IMG_8546.jpg

6年生だけの福島対宮城の戦い、ジュニアによる福島対宮城戦などエキシビションマッチも多数。
IMG_8531.jpg

すごい盛り上がりでした。

私は自転車で放射線をちょっと含んだ澄んだ空気を吸いながら自転車で行ったので少し遅刻、しかもその影響か?ヘルニアの具合が非常に悪くろくに審判お手伝いも出来ず、ドッジ観戦しながらお菓子を食べて過ごしていました。
IMG_1043.jpg

そして一番の見所も見ることなく早帰り。(帰りは車に自転車積んで帰りました)

https://picasaweb.google.com/lh/photo/_2DcokwoJYUDoSgKMt9jmhS9eKPzzjwdRqH8IQ3dK9c?feat=directlink

自転車で走ったのですが、国見役場付近の被害はひどかった。家が崩れていた。そして白石では道路が崩れていた。
IMG_1049.jpg

私の家の付近は全くこんなことはなかったのでほんとうに運が良かったんだなと実感してきました。

https://picasaweb.google.com/fdba.kp2/20110417?authkey=Gv1sRgCL7wrL7a3sr9ew&feat=directlink
2011. 04. 14  
久しぶりにソースカツ丼食べてきました。
今回は伊那市の田村食堂。
元々は中華料理店だったようですが、ソースカツ丼、ローメンもやっていて、昔ながらの素朴なラーメンもおいしいとのこと。
IMG_1040.jpg

ということで、ソースカツ丼(950円)と半ラーメン(320円)を注文。
ソースカツ丼はソースがジューシーで味はタケダより濃い味。
肉はタケダより薄切り(幅)で、食べやすいが少し物足りない感じ。
IMG_1041.jpg

個人的には
 1位 タケダ
 2位 青い塔
 3位 田村食堂
 4位 ガロ
かな。
数店回ってきたが、また行きたい店はこの4店ですね。
半ラーメンはホント昔懐かしい味でとても美味しかった。
ソースカツ丼を食べながらお腹いっぱいでも美味しく食べられたということです。
残念なのは街中なので駐車場が狭いこと。
混んでたら入れないな。
2011. 04. 11  
福島市は地震そのものの被害は少なかったのですが、それなりに損傷を受けたところもあり使えない体育館があります。しかし、それ以上に大丈夫な体育館は避難所や救援隊の屯所になっていてスポーツイベントどころではなくなっています。
我が鳥川小学校の体育館は一部破損したものの半コートを使って練習は出来るようです。全国大会の出場したWANOドリームズの本拠地の小学校は損傷が激しく、授業も仮設プレハブのようです。

県北支部で毎年行っているスプリングカップは本宮市の本宮総合体育館を押さえていましたが、消防隊の詰め所となり5月いっぱいは大会どころではないようです。
あわてて別の体育館をあたっています。元気なドッジキッズの大切な大会を中止したくはありません。他県から福島の大会に参加してくれるかも心配なのですが、開けるとなればぜひよろしくお願いします。

福島近辺の体育館
 /福島体育館 損傷激しく使用不可。元々古いのでしばらく無理でしょう。
 /国体記念体育館 避難所にはなっていないが、しばらく使用できないとのこと。
 /あずま総合体育館 避難所となっており、当面使用できない。
 /会津地方 大きな体育館は避難所となっているらしい
 /須賀川アリーナ 避難所となっており、またサブアリーナは市役所として機能中。夏の県大会は開けないと思われます。

県協会の理事会、総会もまだ開けないとのこと。夏の県大会の会場の須賀川アリーナはたぶん使えないので、県北支部としては中止だけはないようにお願いしています。支部の予選を行い、それぞれ小学校の体育館でも良いので、規模を小さくしてでも行ってほしいと提案しています。

この状況はいつまで続くか。
2011. 04. 11  
ここまでやるとは・・・・想定外の枠も超えている。

http://dailynewsagency.com/2011/04/10/infinite-hdd/
2011. 04. 11  
東日本大震災の後は東北道が通行止めになり、磐越道も津川から通行止めとなったため長野からの帰り道は渋滞の4号線を避け津川から49号線を利用していた。
そのうちに北関東道路が東北道まで開通していた。
東北道の通行止め解除に伴い、その新しい道を利用させてもらっている。

福島から夕方にその経路を使用するとほぼ渋滞にハマるので、長野から戻る金曜の夜はこの経路(中央道~長野道~上信越道~関越道~北関東道~東北道)を使用し、そして日曜の夜に長野に戻る際は新潟経由(東北道~磐越道~北陸道~上信越道~長野道~中央道)とすることで周回コースが完成だ!

この北関東道路経由は距離も15kmくらい短いようでガソリンが1リットル程度節約できる。しかも上り下りは少ないので燃費も良い。
ということで、今日は80km前後で走って帰ってきましたが、なんと
 リッター23.8km
を記録しました。480km走ってガソリン使用量が約20リットル!これは日本全国でモコ号を使用している人の最高記録ではないだろうか???
既に19万キロ目前ながらこの記録は表彰状物かもしれませんよ!

でもこのご時世に毎週ガソリンを50リットルくらい使ってるってのはほんとは避けるべきなんでしょうね。
なんとか会社の通勤では徒歩か自転車利用でガソリンを使わないようにしているのですが、それではだめかな~~~
とは言っても地震でおびえる家族をほっておくわけに行かないし。まあ、何が出来る訳ではないのですが。
2011. 04. 04  
昨日相馬の友人を訪ねました。
友人宅相馬市2軒、南相馬市1軒、それぞれ津波の被害はまぬがれました。
地震そのものの被害もほとんどなかったものの、津波被害の影響と原発の影響を受け普段通りの生活が出来るようになるには相当な時間がかかりそうです。
相馬市はガソリンも並ばずに購入できるようになりかなり改善されているようではありましたが、南相馬市(原町)は外を出歩いている人はほとんどなく、店もほとんど閉まっていました。

https://picasaweb.google.com/fdba.kp2/20110403?authkey=Gv1sRgCMTn2IHHz6ubpAE&feat=directlink

松川浦周辺の津波の被害はテレビでは見ていたものの、実際に見てみると声もでない程悲惨な状況でした。三陸の町丸ごと無くなった場所に比べると被害は少ないのかもしれませんが、一軒、一軒のそこに住んでいた人のことを考えれば被害の大きさだけで比較することはできません。
写真を見てもらえればわかるかと思いますが、自衛隊も警察も人数は少なく、ほとんど手つかずの状態です。
磯部地区には行くことも出来ません。道路の周りは浸水したままですし、片付けもほとんど出来ていません。
復興までどれだけ時間がかかるのか想像すら出来ない状態です。

友人は午後から近所の知り合いの告別式に行きました。
原町で就職の面接の後、帰宅途中で地震に遭い、地震での安否確認の電話中にプツンと電話が切れたそうです。その時に津波に飲み込まれたようです・・・・

次に私は何が出来るんだろう。
孫さんのように100億円も寄付なんて出来ないし、、、、

長野への帰り道、上越の新井PAであるおじさんに出会いました。
長野まで車に乗せてくれないかということ。ヒッチハイカ~~~
なんと、岡山から福島に向かっているとのことでした。
お金は?と聞いたら、岡山で働いていた工事現場の責任者?が夜逃げしてしまったらしく、働くことも出来ず、お金ももらえない状態で福島に戻ることにした。
でも福井まで鈍行乗り継いできたところでお金がなくなり、そこからヒッチハイクしてきたらしい。しかも既に7日目!食べ物もほとんど食べてない・・・
福島の飯坂新家があり、奥さんとは離婚していて、お父さんも米沢の養護施設にあずけているとのことで家には誰も住んでいないそうでしたが、地震でどうなってるのかかなり心配してました。
私が福島から来た所だと言うととてもびっくりしていた。福島は被害が少ないことを教えたらすこし安心したようでした。
で、長野ではその後たいへんなので岡谷まで送ることにした。
岡谷からなら高速バスで東京まで出れるし、そこからも高速バスで一気に帰れる。
怪しい人ではなかったようなので、捨てるの覚悟でお金を貸し、予定通り岡谷駅で下ろしてきました。

無事に福島に着いたかな~~~
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR