2011. 06. 29  
MOCO200000nenpi.jpg
ということで20万キロを突破したモコ号、燃費は画像の通りで、19万キロ頃から急激に良くなっています。これは北関東道が開通して新潟回りしなくてすむようになったことが大きいです。
また、空気圧を0.3kg程度高めにしています。
ちょうど震災の影響で燃費を更に良くしようと言う気持ちもありました。
オイルは0W-20、これはどんな添加剤を入れるよりも効果が大きい。
タイヤは昨年に引き続きエナセーブ!一皮むけてよくなった?でも、っスタッドレスのときに良くなり始めてるので違うかな??

MOCO200000gas.jpg
ガソリン代は福島も長野もちょっと高いのでしょうか?
でも、150円越えそうになってから下がり始めたのでちょっと安心。
燃費が良くなったので、ガソリン代が上がってもキロ単価(1キロいくらで走れるか!)は逆に良くなっています。

そんな感じです。
燃費の良くなり方が異常なのでちょっと心配しつつも、既に1万キロ以上はこの状態だから大丈夫でしょう。
さあ、目指せ30万キロ!
スポンサーサイト
2011. 06. 27  
先日購入したモンベルの”マリポサトレール”ですが、空木岳で十分なパフォーマンスを発揮してくれたのですが、やはりちょっと小さすぎのような気がして0.5cm大きいサイズを買いました。
幸い前購入したものは幅広足の妻がぴったりだと言うことで履いてもらうことにしました。
脱ぎ履きも楽になりました。
普段履いて足になじませようと思います。
400g程度の重さなので、スニーカーとあまり変わらない重さです。なので、街中で履いていても苦になりません。

で、今年の作戦ですが、アプローチに舗装がある所は軽量のジョギングシューズにしようと思ってます。だいたい往復コースなので、アプローチの終点にその靴をデポしておけば、帰りはゆったりした軽い靴に履き替えて下れるのでGoodなアイデアだと思います。最後の舗装の下りを硬い登山用靴で歩くのは結構辛いです。//でも今回買った靴は十分快適かもしれない。ちょっと履いて確認してみようと思います。

MARIPOSA.jpg
2011. 06. 27  
女装ギタリスト、肉まんさんの演奏を聴いているうちに、だんだん昔が懐かしくなり、オリジナルを聞きたくなってきた。で、
 Deep Purple
 Rainbow
 White Snake
 Led Zeppelin
 Free
 Bad Company
 Quenn
 Cream
 Eric Clapton
 Grand Funk Railroad
 Lynyrd Skynyrd
などをゆーちゅーぶからDLして、DVD作って車で見てきました。

久々だったので懐かしかった。
でも、やはりzeppelinは秀逸で、他との違いを感じる・・・
でも、元気なDeepPurpleは大好きです。

で、いろいろびっくりしたこと。
ウィキペディアで色々見てたら、60年代、70年代のグループが今でも活動してるってこと。時々再結成されたとか耳にしたことはあっても続いていたなんて信じられない!

で、DeepPurpleもまだあるってことはホント、驚き。
私の中ではあの第4期で止まっているのに、現在は第9期とのこと。
今回DLしたファイルの中に、なんだか元気のいいおっさんが息を切らしながら”HighwayStar”を歌ってたのだけど、一応本物のDeepPurpleで、そのおっさんはイアンギランだったようです。

さらに、Queenはフレディさんが亡くなってからポールロジャースさんを迎え活動してましたが、私は絶対にあり得ないと思って聴くこともしなかったのだけれど、今回ビデオを見て納得しました。
ポールはQueenの一員として歌ってなかった、そう、Queenにはなり得ないことを承知でQueen+PaulRodgersとして歌ってた。なので、Queenのコンサートで”All Right Now”やってても違和感なかったし、とてもかっこ良かった。
でも、そのPaulさん、ちゃんとバドカンを復活させて活動してるってのがすごい!長野に来ないかな~~~~

ということで、しばらく昔なつかしRock探しはしばらく続ける予定です。
まだまだ懐かしいバンドが、見たいバンドがあるから。
2011. 06. 27  
ぼ~っとしてたら20万キロの記念すべき!突破イベント、20kmばかり通り過ぎてしまいました。
3年9ヶ月での20万キロ突破です。
IMG_1158.jpg

今回帰省の際に、ブレーキローター交換、ATF交換、マフラ取り付け部のガスケット交換してきましたが、特に故障もなく元気もりもりです。

しかも燃費も絶好調。
今回長野からの帰り道、上信越道を下り高崎付近で26.8kmという脅威的!な記録を達成。約200KM走っての値です。
IMG_1157.jpg
そのまま福島まで帰り、到着したときには25.3kmになっていました。そして車屋さんで上記の修理をして24.3kmまで下がりましたが、それでも最高記録達成です。燃費計がおかしくなってるとお思いでしょうが、正確そのもので、実際給油燃費を計算しても477.3kmで19.5lですから24.5kmになります。
福島から長野への戻りでも22.8kmを記録しました。標高100mの所から700mの所までやってくるので長野へ戻る方が悪いのですが、今回は最高記録です。
もちろんスピードは遅く、だいたい80km前後での走行です。
それでも、このペースで新潟回りをすると7時間くらいかかりますが、群馬回りだと30分くらい早くつきまし。

そろそろ燃費走行も疲れたので、次は90km、100kmで走ったときにどんだけ燃費が変わるのか確認してみようと思います。
2011. 06. 27  
とは書いたものの、簡単に言うと、あまりナーバスにならず、むしろ放射線を浴びていたとしても天然素材の野菜や果物を沢山体にとって、そんで免疫力をつけて被爆以上の抵抗力をつければ良いと思います。やはり部屋に閉じこもったり、体を動かさなかったり、インスタントやレトルト食品ばかり食べていたんではそれだけで普通より病気にかかる確率が高くなります。
今の福島市などの放射線量って言うのはそういう値と思います。それが言い切れないのでみんな心配しているのです。

放射線ヨードは甲状腺がんを引き起こします。小さい子供程その影響があります。チェルノブイリではその放射線ヨードが含まれた牛乳を飲んだ子供達が甲状腺がんになりました。しかし、半減期が短いこともあって福島では既にヨードはほとんど検出されていません。
・・・ちなみに私は甲状腺の病気で放射性ヨードシンチという検査をしています。放射性ヨードを注射して甲状腺にどれだけ取り込まれるかを確認する検査です。放射線量としてはすごく少ないようでしたが、厳重な検査でした。

セシウムは甲状腺がんとは関係ないそうです。カリウムと似ているので体に吸収されやすく、じわじわと内部被爆を起こすそうですが、排出もされやすい。カリウムに似た性質ということで筋肉に取り込まれるそうだが、チェルノブイリではそれが原因と思われる症状も確認されていないとのこと。どこまで信じてよいかわからないけれど、一応それも事実で、それに反論するデータは公式には出ていないようです。

福島に住む住人が既に汚染され、ヤバい状態になっているとすると、放射線量の多い地域に住んでいる人や、それこそ原発で戦ってくれている人たちはもうダメってことだけど、全くそんなことはない訳で、短時間に大きな被爆を受けなければ戦う力がまだまだあると見た方がよい訳!とおもいます。

てなわっけで、心配しすぎて心を病むよりも、元気に笑って生きて、そして放射線の傷は自分の免疫力で修復するんだって思えば全く問題無し。
ってか、まずはタバコやメタホウがよっぽど体に良さそうだよね。
でも、それも免疫力でカバ~だ!

*戦うための基礎データはないのかな?
例えば、
 ・10マイクロシーベルト/時の雰囲気中で1時間いたらどれだけの細胞(DNA)が破壊されるとか
 ・煙草を吸ったらどうだとか
 ・コカコーラではどうだとか
 ・部長にこっぴどく怒られたらどうだとか
 ・末期がんのときにはどれだけガン細胞が増えるかとか
そして
 ・平均的な健康な人だとどれだけ修復する能力があるか?
そういうデータでもあれば皆が
 ・免疫力をアップするための活動
 (食べ物に気をつかう、楽しく生きる、体を鍛える、喧嘩しない、適度に寝る、悩まない!笑う!)
に注力するようになると思う。
2011. 06. 20  
今日は新しく買ったモンベルのトレッキングシューズ(マリポサトレールLow)で走ってみた。きつきつなんだけれど、だんだん調子良くなってきた。ジョギングしてもフィット感よく、あたる所も少なくなってきたようです。締め付け強さが次のポイントかも。

さて、体重がここ最近横ばい~+気味なので、少し減らそうと活動開始。
ジョギングもそうだけれど、体重減らす一番の手段は食事制限。
で、夜の食べる量を半分にし、野菜ジュースを飲むことにした。野菜ジュースは久々にパワージューサーの登場。人参、トマト、オレンジ、リンゴを絞ってヨーグルトを混ぜて飲む。今日はこれに白菜も混ぜてみた。
朝はそのジュースの残りと、バナナ、ヨーグルト。
昼は定食を食べずにカロリーメイトモドキを2本。

なるべく沢山おしっこやう○こが出るような食事を心がける。

これと運動。
出来る限り週2回は走るようにして、筋力を落とさないようにする。

体重をとりあえず2kg程度落としたら後はそれを維持できるように食事制限も続けたい。

さあ、どんな感じで進むか。
2011. 06. 20  
農地は宅地に簡単に出来ない、宅地で農耕してはいけないなどなど、何かといろいろあるので規制がある。

ゴミ焼却場の熱はだいたいそのまま捨てられる。
福島にはその温水を利用したプールがある。
でも、その熱を発電に利用するという話は聞いたことがない。
プールを作るよりなんぼか建設的と思うのだけれど、きっと何か規制があるんだと思う。自治体がやっちゃいけない行為なのかも知れませんね。無駄な話です。
そんな規制が山ほどあるんだと思います。

会社には大っきな液体窒素タンンクがあります。冷気が沢山漏れてます。
これをクーラーに使えないかな~~~
クリーンルームの空調のため大きな熱交換器があります。
この熱もスタッフルームの暖房につかえないのかな~
って、そんな工事をちゃんとやるだけのお金は使えない。
だって効率が悪くて、最初から専用の暖房やクーラーを取り付けた方が安いから。

でも、地球環境を考えたらそういう無駄じゃない利用に困るエネルギーが山ほど捨てられている。

資源ゴミなんてそんな感じで漸く見直され始めた所。
まだまだ再資源化のためにお金がかかってしまうけれど、だんだん資源が少なくなってきたので頑張って再資源化しようとしている。

数年後には今のゴミは全部資源になるかもしれない。
そして熱などのエネルギーも資源になるかも。
(下水道みたいにエアコンの熱風など換気が下空道で集められ大きなエネルギーに代わるかもね)
日本はそれが出来る国だと思う。

頑張れ日本!

---------------
老後はどれだけ省エネして過ごせるか!なんてのが楽しみになるかも。
いま省エネ運転して燃費がのびるとうれしい、そんな感じで生活できる感じがする。
市販品でいろんなことするのも良いけれど、手作りでいろいろ試してみたいな~~~水車、風車、太陽光発電、自転車発電等々。あと10年もするといろんな設備も安くなるだろうし、太陽光パネルなんてのも秋葉に行くと平米いくらでバラ売りしてそうだし。
2011. 06. 20  
気象庁発表の地震記録をグラフ化しました。(震度ではなくM:マグニチュードです)
発生地域ごとに記録はあるので色分けしたいですが、データが多いのでまだやってません。
まあ、ほとんどは今回震災の余震になります。
jishin.jpg

ということで、地震は減っているようで実はあまり変わっていません。
M6近くの地震も減ってないし、安心できないデータです。
とは言え、エネルギを溜め込んでまた大きなのがど~~んと来るよりは良いのかな?

6月18日の夕方の地震(M6)は地鳴りがして、久しぶりに(100日目にして!)大っきなのが来たか~~~って思っちゃいました。まだまだ安心は出来ません。
2011. 06. 20  
あっという間?それとも漸く3ヶ月?

3月11日の大震災は長野で迎えた。
大きくゆっくりゆれました。これはどこか遠くで大きなのが来たな!と直感した。
会社でも震度4程度ありましたから避難が始まりました。
すぐに東北が震源だったことがわかり、家に電話しました。
なかなか繋がりませんでしたが、なんとか自宅にいた次男と繋がりました。
大丈夫だったらしい!
どこまで大丈夫だったか?まあ、生きてることはわかった。
妻や実家とも連絡が取れ、なんとか無事らしい。
長男もしばらくたってメールで無事を知る。

会社ではゆっくり体育館に避難。
みんなが携帯のワンセグで被害状況を確認。
津波がすごいらしいが、小さな画面では実感がわかない。
余震が続いているらしく、早く帰ってみんなの無事を確認したい。

体育館で防災責任者が説明するが、テレビ以上の情報はなく不安は増すばかり。

その後居室に戻り仕事を再開。
すぐに福島に戻りたかったけれど、会議もあってびっしり定時後まで仕事。

高速道路が通行止めになっているとの情報もあり、福島に帰ることが得策かどうか?いろいろ考えるが、やはり家族にあって無事を確認したい。
7時前に長野を出発。
地デジでニュースを見ながら走るが、津波の被害の大きさに衝撃を受ける。
浜近くに住む友人の安否が心配!

新潟の黒埼ICで給油。しかし既に給油制限始まっており、不安がよぎる。

福島県に入る前に高速道は通行止めとなり、49号線で福島に向かう。
道路が破損していることはなく、交通量も少ないため案外早く福島に入ることが出来た。土湯峠を越えてはじめて地震の影響を知る。
道路の陥没、停電による真っ暗な信号。

漸く家に戻ると、”ん?”確かに何の被害もない。
棚の中ももともと散らかってたのか、地震でなったのかどうかもわからない位。
息子たちの寝顔を見てほっとする。
PC付近の棚がちょっとずれている程度の被害だった。
停電もなく、水は地下水だったので問題無し。

テレビで見る震災の影響は大迫力。
とんでもないことが起こったと実感する。

実家は棚のものが落ちたり、瓦がやられたり結構被害があったようだがみんな無事で安心。
近所を歩いても、お墓が倒れたり、石灯籠が倒れたりしてるが、とんでもない被害はなかった。
福島の中でもこの辺りは揺れが少なかったようだ。

長野への戻りも新潟回り。
高速は使えなくても交通量が少なくなっていてあまり時間は変わらない。

長野に戻ってみてちょっとびっくり。
スーパーのインスタント食品がなくなってる。ティッシュやトイレットペーパーもなくなってる。

そのうちガソリンが手に入らなくなっているとの情報。
で、さらにタイへの出張が決定。
自宅の被害がなかったので、タイへ赴任している福島の仲間に合うことも目的として。余震が心配だったが、とにかく行く!
3/22~26でタイに行くが、タイでも大きな話題になっていた。
原発の件もだんだん話題になってきていて不安は増すばかり。

タイから戻るとすぐにガソリン、灯油を大量に調達し福島へ。
このガソリンは相馬の友達にも届ける予定。
ふくしまでは数キロの列を作ってガソリン入れ待ちをしている。
ホントにとんでもないことになったと思った。

そして相馬の友人の所に行き、海辺の津波被害を目の当たりにする。
だれがこんなことになるなんて想像していたろうか。
想定外、いったいどこから想定外なのか??
相馬の友人、南相馬の友人とも元気だった。
ちょっとだけ安心。

4月になるとガソリンも調達可能になり、あの行列は何だったんだろうって感じ。
セブンイレブン、ホームセンターも復活し始めて、だんだん普通の生活が出来るようになってきた。

5月連休は既に普通の状態に戻っていたが、何しろ原発の影響で普通じゃなくなっている。
状況は好転する気配がなく、ニュースでは日々深刻な状況になるばかり。

そして、気がつくともう3ヶ月。
大きな余震もなく、ちょっと不気味。
最近はM6を越える地震が起きていないが、つい先日M5.9があった。
M7はあと何度かは覚悟しなくては行けないと思う。

でも、いまは地震より放射線だ。
どうしたら良いのかわからない状況。
安全だと思って私は外で遊ぶし、庭仕事もする。芝刈りは放射線を浴びながらの大仕事。
心配して、家に閉じこもって、運動しない方が体には悪いらしいし。
ストレス貯めないことが一番。

放射線で遺伝子破壊されても、それ以上に体を活性化させることで克服できる。

とにかく政治のごたごた、ばかばかしくてみてられない。
が、いい加減にしてほしい。
早く困っている人たちを助けてください!
2011. 06. 20  
今年はいろんな山に行ってみたい。
でも、日にちが限られているので、休暇と天気と体の具合を見ながら行くことになります。
日帰りで行けそうな山として前々から書いていますが、次の目標は
 ・聖岳
に設定しました。
標高差2000mを一気に登る、なかなか厳しそうな山です。
7月中旬頃行きたいです。

9月は連休が多いのだけれど、悪いことにマレーシアに行かなくてはいけなさそう、ちょっと困った。
なので、8月中には今年の大イベント”赤石・荒川”一泊登山を行いたいと思います。

その他行けそう、行きたい所をピックアップすると
 ・南駒ヶ岳
 ・甲斐駒黒戸尾根
 ・劔早月尾根
 ・御岳山
 ・金峰山
 ・八ヶ岳
 ・塩見岳
 ・白馬・白馬鑓
 ・前穂・奥穂
 ・光岳
ってところでしょうか。
全部登ってしまうと来年行く所がなくなってしまうので、少しづつ行くとするか。
だんだんアルプス以外にも足を伸ばし、
 ・八海山
 ・越後駒
あたりも是非行きたい所です。
福島と新潟の県境付近の
 ・浅草山
 ・御神楽岳 
 ・鬼面山
 ・守門岳
あたりも前から行ってみたかった山です。

【地図は飽きない】

地図はいくら見ていても飽きない。
子供の頃から地図は大好きで、地図さえあれば時間はいくらでも潰せた。

ということで、ちょっと見ていたのですが、まだまだいけそうな所あるじゃん。
だめかな~っと思っていたけど、よく見りゃ行けるぜってところが。
で、とりあえず行きたいとこリストに下記追加
 ・大天井岳(2922m) 燕経由で往復、ホントは常念方面に抜けたいが・・・
 ・笠ヶ岳(2898m) 錫杖下から登ってぐるっと一周コース
 ・槍ヶ岳(3180m) 新穂高からコースタイム10時間で頂上へ!きつそ!
 ・扇沢一周コース(針ノ木岳2821m、スバリ岳2752m、赤沢岳2677mなど)

次は聖かと思ってたけど、きつそうなので、塩見にしようかと思ってます。鳥倉林道から三伏峠を越えて行くコース、距離はあるけれど、標高差が少なくなんとかなりそうな。塩見は昨年から行きたくてうずうずしていたので、今年こそはと思います。
2011. 06. 20  
よく「はやぶさ半さんは喋っていないと死ぬんですよね?」ってマジ顔で言われます。
そんなことは有りません。
福島=長野の車での移動でも6時間は黙りっぱなしです。
山に行ってももちろん独り言すら声を出しません。木や石に頭、足をぶつけて”痛っ!”って言うくらいです。

なので、喋らなくても死にません。ご安心ください。

と、独り言でした。
2011. 06. 09  
IMG_1114.jpg
今日は休みをもらって中央アルプスの名峰”空木岳”(うつぎだけ2864m)に登ってきました。当初の計画では空木岳を越え、南駒ヶ岳(2841m)まで行く予定でしたが、それは私の体が許してくれませんでした。

朝5時過ぎにアパートを出発。
駒ヶ根高原、近い近い!そこから山に入って行っていよいよというところで、また!通行止めじゃ!
IMG_1055.jpg

それにしてもずいぶん手前から。本来の登山口は標高1370m、通行止めの場所は1020m付近。ちょっと悩んだけれど、代替えの山は考えていなかったし、そこから歩くことにしました。このこともあったので、南駒は中止せざるを得なくなった。

登山道はよく整備されていて、おおむね歩きやすい!特別急な登りが続く訳でなく、場所によっては平坦だったり、下りもあったりで距離は長くなる訳です。
1900m付近ではイワカガミが沢山咲いていてきれいでした。
IMG_1134.jpg

2200mを超えると所々残雪があって歩きにくかった。
IMG_1100.jpg


今回モンベルのマリポサトレールの初出陣でした。靴ひもがワイヤーで締めるタイプです。ぴったりサイズよりちょっと小さめだったからか、まだ足になじんでいないのか、かなり足が痛くなりました。締め付けの強さもベストな条件を見つけないといけません。一サイズ大きいの買っとけば良かったかな。

晴れる予定でしたが、残念ながらガスが出ていてほとんど眺めなし。
時々ガスが切れますが、遠くまでは見渡せませんでした。しかも悔しいことにほぼ下山したな~って頃ガスが上がってしまったようです。やはり曇り男なのかな~~~

タイムは
 6:15頃 通行止め出発
 7:00  本来の登山口
 7:45  水場
IMG_1072.jpg

 10:30  駒石
IMG_1109.jpg

 11:10  頂上
IMG_1123.jpg

 11:35~12:00 駒石 お昼
 13:30  水場
 14:40  車到着
 
歩行距離はGPS計測で約24km、やはりアプローチが効いた!
足の痛みもひどかったけれど、2300m越えてから結構息苦しかった。
やはり高度の影響でしょうか?
何回か登れば克服できるかな?

写真はこちらから。

https://picasaweb.google.com/falcon.naoya/20110609?authkey=Gv1sRgCP3_8bD1oNmiiQE&feat=directlink

下山後、アパート近くの温泉まで戻ってきたが、なんと、配管工事で臨時休業中でした。お風呂入って整体してもらおうと思ってたのに!で、悔しいので、少し戻った所にある温泉いきましたが、そこは定休日・・・・・・
方ないのでアパートの湯船に何年振りかでお湯を張って入りました。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR