--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 08. 25  
放射線量は2年で4割減に自然減??
ニュースの内容は下記の通りだが、ここで疑問が!
------------------------------------
【放射線量、2年で4割減=除染に向け予測―政府対策本部】
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1718371&media_id=4
 政府の原子力災害対策本部は24日、福島第1原発事故による放射能を除染する際、効果を把握するのに用いる放射線量の減衰予測の手法をまとめ、同日開かれた原子力安全委員会に提出した。同本部が安全委に示した試算によると、仮に除染をしなかった場合、風雨による放射性セシウムの飛散や物理的な半減期により放射線量は2年後に約4割減るという。

 安全委は、予測手法を妥当とした上で、「実測値と予測値を突き合わせて、予測を適切に見直すべきだ」と助言。今後、除染を行う際の目標の設定や作業時の被ばく低減などに生かすという。 
------------------------------------
さて、いつを基準に4割減か?
と言うのも、福島市役所の放射線量の推移を見てみると
3/20 8.0μSv/時
3/31 2.6μSv/時
4/10 1.7μSv/時
4/20 1.5μSv/時
4/30 1.5μSv/時
5/10 1.4μSv/時
5/20 1.3μSv/時
5/30 1.3μSv/時
6/10 1.0μSv/時
6/20 1.0μSv/時
6/30 1.0μSv/時
7/10 1.0μSv/時
7/20 0.9μSv/時
7/30 1.0μSv/時
8/10 1.0μSv/時
8/20 1.0μSv/時
って感じです。
風雨による放射性セシウムの飛散や物理的な半減期により放射線量は2年後に約4割減るっていう部分は、初期にそういう効果が大きい訳で、この先1.0から2年で4割減るとはなかなか考えにくい。
もちろんこの推移をグラフにして見れば、この先どれだけ変化するかは容易に予測できる。
地面が土なら地中に染み込んで行って減ることも考えられるけど、これだけ雨が降っても6月以降ほとんど減っていないことから、今の1.0から何もしないで2年後に0.6になるってのはなかなか考えづらいね。

ってことはやはり何か除染作業をしなければいけないということで、こういう情報を安易に流すことで世の中の人は、”そうか、何もしなくても2年後にはそれだくぇるのか!”って安心して、そして2年後に”全然変わってね~~~じゃね~~か!”って怒ることになる訳です。

だって、2年ごとに4割減って行ったらあっという間に昔の値になってしまう。そんなことは無いでしょ!

今の感じでは、5月上旬の1.4が2年後に4割減って0.85程度になるってことじゃないかね!

★ということで、放射性ヨウ素131(半減期8日)、放射性セシウム134(同2年)、放射性セシウム(同30年)の性質と、風雨などで飛散、流出する分、そして実測値との整合をとり予測カーブを作ってみました。

SV.jpg


セシウムは今検出されているものは大半が137と予測され、風雨などでの飛散、流出は今はほとんど無くなっている(地面にしっかり吸い付いてしまっている)という計算結果になっています。

データをいじっていて実感したのは、90~95%は風雨で飛散、流出しているようです。ホントかどうか分かりませんが、半減期の計算だけでは実測値と全く合ってこないのです。ヨウ素131の比率をすご~く上げれば良いけれど、その頃のデータが少ないので良くわかりません。
いずれにしても、今残って放射線を放出しているのは放っておいても無くなる要素は無いと思います。

で、ここまで書いてひとこと【これは素人の妄想に近い計算結果】なので、信じる信じないはおまかせします。責任は持てませんのであしからず・・・・
スポンサーサイト
2011. 08. 23  
【8月14日】
我が家の庭にも放射性物質セシウム君が沢山来ていて、庭の放射線量は1~2μSv/時くらい有ります。場所によって相当ばらつきは有ります。水がたまる場所、低い場所は高いです。芝はセシウム君を流さないのでいつまでも居座ります。

なので、芝剥がしを考えていますが、昨日まずは深刈りを試してみました。
どっちにせよ子供も大きくなり、庭遊び、バーベキューも無くなったし、庭いじりも私しかしない、草むしりも私だけの仕事だから線量が高くたって問題ない訳ですが。

とりあえず家に近い部分は部屋にも影響するのでかなり気合いを入れて草刈り機全開で芝を刈りました。
35℃を越える炎天下、スポーツドリンクを2リットル飲みました。
4時間くらいかけて剥がして、集めて、袋に入れてを続けました。
(結局誰も手伝ってはくれなかった、悲しい)
ゴミ袋15袋になりました。

最後は頭が痛く、カスを竹箒で集める予定でしたが断念!
シャワーを浴び寝ることにしました。

今日は家に近い部分だけカスを集めました。
放射線量を測定しましたが、ゴミ袋の近傍は2~3μSv/時。
結構たまったんじゃないかな。
このレベルの値ならゴミとして捨てても良いということなので、ゴミの日に捨てます。
焼却場は既に原子力発電所並みに放射線でみちあふれているんじゃないだろうか・・・・

これで庭の放射線量はだいたい2/3~1/2になりました。だいたい0.5~1.0μSv/時。
これでも妻は不満のようですが、あとはお金をかけて業者に頼むしかないかな。
それか、芝がまた生えてきたところで今一度深刈して表面を削ってやればもうちょい低くなる。

明日はリビングのカーペットを洗濯してみようかと思う。
部屋の中は0.2μSv/時程度だけれど、掃除してセシウム君を取り除くしか方法はないのでマメに掃除、洗濯するしかない。
カーテンも洗ってみようかな。

・・・・追記(8月23日)
カーペットは洗濯機に入らず、仕方ないので外で埃を落とすだけ落としました。
カーペットの下を水拭きしました。
が、結局カーペットはあってもなくても線量は変化無しでした。
カーテンは洗濯してみました。放射線というよりは埃がとれてさっぱりしました。
線量は変わらない、ということはいったいどこに放射性物質が有るんだろうか??

【8月23日】
・・・そういえば、東京の砂場は0.25μSv/時で使用禁止にするところがあるみたい。って、我が家の家の中の値とほぼ同じだぞ!心配に値するのか??
最初は年間100mSvが、次は10mSvになって、今の目安は1mSvってことなので、ホントにそれぐらいになってるから心配しなきゃいけない??そんなバカなことは無いでしょう。警官や自衛隊員や放射線従事者は250mSvまでって、身体能力がそんなに強い訳じゃないし。
私ら50前後の親父は子供のときに原爆実験の放射線を沢山浴びてしまったけれど、それが原因で死に至った人がいたかなんてだ~~れもわからないし。

で、だいたい家の中は0.2μSv/時、庭が0.5μSv/時です。ただし、芝の深刈りが適当な場所は0.8~1.0あり、庭の樹木周りも1.0以上の場所が有ります。
ということで除染作業第二段、ベランダのブラッシング洗浄と庭木の除去作業を行いました。庭木はろくに手入れをしていなかったし、邪魔になってきた部分も有るのでこの際ついでにということで。

それにしても蚊が沢山いて、虫除けスプレーは必須です。が、汗で流れてどうしても刺されちゃう。かゆい、かゆい。

ということで、今回はゴミ袋7袋+小枝まとめ3束のゴミが出ました。これでもまだ1/4くらいでしょうか。終わりはいつになることか。

こんな除染作業で休みを取ったり、作業用の機材を買ったり、土を入れ直したり、草木を入れ替えしても中途半端な被災者には何の補償も有りません。
まあ、何もしなくてもホントは健康に被害が無いのだろうから勝手にやってるこっちが悪いんだ、って考えるしか有りません。
この悩みは放射線の降り積もってるとこに住んでる人以外には理解しにくいでしょうね。

で、いくら庭の草木をなくしたり、土を入れ替えても、目の前の梅畑はそのままだし、やはり何もしないで見守っていたい気持ちも有ります。

目の前の小学校では大規模な除染作業中です。
校庭の土の入れ替え(汚染された土は地中に埋める)だけかと思ったら、中途半端な植木の除去、校庭以外の土も入れ替え、壁やコンクリート床、アスファルトの高圧洗浄等々。
作業が終了したら線量を測ってみようと思っています。公式発表は決められた場所の定点観測値と思いますが、ちょっとした場所の違いでずいぶん変わってきますから、今回の除染作業でどれだけ改善されているか確認しようと思います。

震災後に造成された宅地が有るので、そこで線量を確認しましたが、0.2μSv/時程度有りました。汚染されていない土を持ってきていたはずなので、塵や埃と一緒にセシウム君が来てしまったんだと思います。
ってことは、いくら頑張ってもそれ以下には出来ないってことかな。

で、ここはまあどうでも良い、これぐらいの値でだいたい3mSv/年なので、全く問題にしていない。
問題なのは10mSvを越える場所の人たちをどうするかということと、除染やるって言ってるけどホントに出来るの??ってこと。
やれることをとにかくやって、めどを立ててほしい。

2011. 08. 09  
という訳で、勤続25年で頂いた??パワーアップ休暇3日目、山形の名山”大朝日岳”に酒田へ転勤になった同期の友人と行ってきました。
ホントなら早朝出発したかったのですが、ずっと過酷な移動をしていたので6時待ち合わせとしてもらいました。福島から登山口の朝日鉱泉まで155km、2時間も有ればつくと思い4時に出発したのですが、これが大間違い。
国見付近で事故渋滞に巻き込まれ、更にナビの目的地設定を朝日村の朝日鉱泉案内所に設定していて時間を大幅にエラ~~~、到着は6時半過ぎになってしまいました。

ということで、7時に出発!
天気は快晴できれいに大朝日岳が見えます。遠いな~
IMG_1254.jpg

吊り橋を渡り、沢沿いを進みます。すぐに弘法清水という水場、力が出るかもしれないのでさっそく飲んでみました。”うめ~~”
IMG_1258.jpg

尾根の取り付きまで吊り橋が4つ有りました。きれいな沢の上を歩くのはとても気持ちがいい!
IMG_1260.jpg

IMG_1263.jpg

沢沿いの道もとても気持ちよく、暖まって来た体!服を脱いで飛び込みたい衝動に駆られます。魚影も確認できました。
IMG_1272.jpg

でもあの悪魔がいるんです!そう、忘れてたよ!夏の東北の山にはあのウザイ!メジロ(アブ)がいるんでした!!!!さっそくやってきて、タイツの上からでも血を吸いにくる!

そしていよいよ中ツル尾根に入ります。
結構な傾斜で登って行きます。
私は距離は短く、一気に登るのが好きです。
体力が有るうちに一気に標高を稼ぎたい!
4合目に長名水という水場が有りますが、5分くらい下るとのことでいきません。
IMG_1280.jpg

大きなブナの原生林の中を快適に登って行きます。
まあ、それにしても暑い!
IMG_1281.jpg

もうちょっと登ると小灌木帯になり眺めも出てきました。
でも、ガスもだんだん出てきました。
時々足下の谷間から吹き上げてくる風が冷たくて気持ちよい!
IMG_1288.jpg

いよいよ頂上が近くなってくると高山植物も沢山出てきてとてもきれい!
IMG_1311.jpg

頂上直下のちょっと下は気持ちのよい尾根、でもガスが出ていてあまり眺めがなく残念。
それでも気持ちのよい登りです。
IMG_1319.jpg

そしていよいよ最後の登りです。
何となく東北の山っぽくない垢抜けした感じの頂上への道です。
IMG_1326.jpg

そして頂上、結構時間がかかってしまい11時30分頃になってしまいました。
IMG_1330.jpg

北西側の眺めは雄大かつ険しく奥深い!
IMG_1336.jpg

頂上では友人が担ぎ上げてくれた酒田の冷えたメロンを食べましたが美味しかった!一人で登るときには重いそんな高級品持ち上げることが無いので感謝感激です。

結構休んで銀玉水を目指す。が、ぼ~っとしていて水場についたらなんと”金玉水”ではないか!道を間違えた!くやしいので、しっかり水をのんで来ました。
IMG_1341.jpg

そして大朝日避難小屋まで戻り、(30分以上はロスってしまった)またそこで少し休んで銀玉水に向かいました。
IMG_1352.jpg

くるまゆり
IMG_1351.jpg

大朝日小屋から眺めた金玉水、雪渓末端に延びる道のちょうど中間にあります。
IMG_1353.jpg

そこから結構な下りになります。急な斜面に道を付けているため荒れてます。
そしてだんだん膝に痛みが感じてきた頃に銀玉水到着。
日本一美味しい水とのこと、なので、妻へのお土産として1.5リットルくらい汲んで帰ることにしました。ホントに日本一美味しいかどうかは???
IMG_1355.jpg

そこから更に下ります。どんどん下ります。
IMG_1360.jpg

小朝日岳は結構な大きさです。”小”だし、標高も大朝日に比べたら200mも低いのでバカにしてたのですが、とんでもない!立派な独立峰の様相です。

IMG_1363.jpg

谷は深く、雪渓もしっかり残っています。
IMG_1364.jpg


小朝日の登りは一気に250m位登ります。
急なので、ホントに一気に登った感じです。
頂上は高山植物もなく、ガスのため眺めもいまいちでちょっと残念。
鳥原山方面はしっかり見えていましたが。

IMG_1365.jpg

左上の山が鳥原山です。
IMG_1371.jpg


鳥原山まで膝が結構痛く、下りのペースがだいぶ落ちてきました。
下りメインですが、時々登りも有りなかなか厳しい道です。
鳥原山への最後の登りは急な所はなく、気がつくと頂上!
ここは頂上手前の展望台。朝日はガスに隠れて見えませんでした。
IMG_1374.jpg

鳥原小屋の近くの湿原で最後の食量を食べたり大休止をとり最後の下りの備えました。※そこでも地図をよく見ていなかったため危うく白滝方面に進む所でした。
IMG_1376.jpg


後は林の中の下りをどんどん下ります。でもあまり急ではなくなかなか高度が落ちて行きません。それでもなんとか金山沢に到着、ここでしっかり水を飲み、顔を洗い、最後の最後に備えました。
IMG_1378.jpg


沢から登りが有るので嫌でしたが、急な登りではなく安心。しかし、いつまでたっても本格的な下りにならず、上り下りの続く尾根上を歩きます。ブナや松、そして立派なヒバなど、なんだかパワーがもらえちゃいそうです。
IMG_1379.jpg

最後の下りは一気です。綴り折れの道です。
膝に痛みがあって辛かったのですが、ここでカニ走り(欽ちゃん走り)だと大丈夫ということに気がつき、一気に下りました。

そして朝日鉱泉についたのは5時半になっていました。
ずいぶん時間がかかってしまった。

急いで着替えをしようと思ったものの、そこでメジロの大群に襲われたいへんでした。沢の水で水浴びしたいと思ったけど、そんなの無理!
アブさえいなければ最高の一日だったのに!

ということで、オーバー10時間の行動、ちょっときつかったね~~~
東北の山、なめたらあかんです。
GPS-Log.jpg

2011. 08. 08  
8月4日
今日も予定通り秋田、湯沢に行ってきました。
5時半出発、相変わらず東北道の混雑はすごい!

9時ちょい過ぎに到着。
福島、宮城、岩手は曇り空でしたが、岩手から山を越えて秋田に行くと快晴!
30度を越えていて熱い暑い!

準決勝は山形の尾花沢中学校
最初スタートボタンを押し忘れたか?3点リードを許す場面も有り心配しましたが、途中から修正がかかり、後半はBチーム(控え)に切り替わり息子も出場しました。

決勝は湯沢市総合体育館に場所を変えます。
なんだか作りが凝った体育館です。
秋田市の体育館もそうですが、ロシア風です。

決戦の前にすきやで昼食
妻はゲンを担いで”カツ(勝)カレー”を頼みましたが、牛丼30円引きの期間は無い!とのことでショック!悪い予感!

そして決勝は岩手の強豪校矢巾中学校、一人一人の選手紹介のあといよいよ試合開始。
いや~、矢巾の応援凄いこと、太鼓にラッパに鳴りもの総動員!体育館が揺れ動くほどの応援に圧倒される。
出だしからリードをゆるし、速攻、フェイントなんでもありの技ありプレーで翻弄される。
うちはなかなかスタートボタンが押されず、やられっぱなしの状態。
前半で既にだぶるスコアに近い差をつかられ、後半も猛攻をしのぐので精いっぱい。
選手は足のもつれも有ったし、疲れの上に大差を付けられもうての施しようがない状態で試合終了。
そんな負け方をすると悔しい、残念という気持ちもわいてこない。
もっと頑張れたはずなのに!って気持ちも有ったけど、今まで本当に良く頑張った!気持ちの方が大きい。

本当にお疲れさま!

これから高校でもハンドをやるんだよ。
高校がバラバラになる予定。
それぞれの高校で、戦友が戦う日も近い!
それも楽しみ!

そして、また280km福島まで戻ってきました。

さあ、あすは3時半起き、山形の大朝日岳です!



8月5日
朝日岳に行ってきました。
日記は別途!
WEBアルバムに写真をアップしました。
大朝日岳

8月6日 真夏のドッジ選手権(白河市)

暑い一日でした。
しばらく曇りの涼しい日が続いていたので、ただでさえ蒸し暑い体育館、審判きつかった。昨日の登山の筋肉痛も有り、ふらふらでした。

でも、鳥川の子供達は元気でした。
県大会で優勝できなかった無念さがにじみ出ていた気がします。
キャプテンが肩を負傷し投げられない状況でしたが、5年生アタッカーがちゃんとカバーしてくれました。

予選では4チーム中1チームが予選落ち、心配しながら試合に臨みましたがあれよあれよと全勝!1位上がりになりました。

トーナメントでは念願の”隼エイト”さんともようやく準決勝で対戦できました。
なんとか第一回のはやぶさ対決はうちに軍配上がりましたが、調子が良かっただけかも??次もまたお願いしますね!

そして決勝はバイオレンス国田さん!初代ファルコンが5年生チームのときにこの真夏のドッジで国田さんと決勝戦を戦い、サドンデスで負けてます。
そして、今回も負けてしまいました。
今日は手がつけられませんでした。
それほどねじ伏せられた!感が強いです。
でも、もっと練習して、攻略せねば!

1759688145_13.jpg

9月にはジャパンカップも有ります。
なんとか追いつきたい!
と思いながらも、こればかりは監督、選手におまかせ!な訳です。

WEBアルバム
2011. 08. 03  
昨晩長野から戻ってきました。出発が6時を過ぎてしまい、家に着いたのは12時ちょっと前でした。(465km走破)

今日は秋田県湯沢まで往復してきました。三男の中体連ハンド東北大会です。息子はスターティングメンバーではないので試合に出るかどうかは???

1回戦は9時スタートのため福島を4時半に出発、280km走破して羽後町総合体育館へ。いや~~こんな早い時間でもトラックの量が半端無かった!つかれた。

で、一回戦は岩手の第二代表、黒石野中学、途中9点差までついたので息子登場か?と思われましたが、油断したのか、最後は2点差まで詰め寄られました。28-26でとりあえず無事勝利。

早めのお昼ということで、稲庭うどんを食べに稲庭へ。約25km。佐藤養助商店という有名なお店で食べてきました。
 ん、やはり行ってよかった!
工場見学も出来ます。
帰りにはゆるキャラ”いなにわん”も出てきて記念撮影。

1758459574_200.jpg

1758459574_61.jpg


で、会場まで25km戻り、2時から準々決勝。青森の第一代表”三本木高校付属中学”との試合。
最初からとばして、後半始まって10分くらいから息子登場!良かった~~~中学でハンドしてる姿を見るのはもう無いかと思ってたのに!
差はどんどん開き、最後は49-23で勝利。三男も5点入れてくれました。
そして試合終了してすぐに帰途につく!
またまた280km走破。

ということで、休暇前日に465km、休暇1日目約610km走破しました。

明日は10時からあ山形の尾花沢中学と準決勝。なので、5時半出発でスタート予定です。勝てばいよいよ決勝戦、優勝したら京都で行われる全国大会出場となります。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。