--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 03. 24  
過酷な長い登り、なんであんな疲れる事をやるんだろう。って皆思っているようで、
確かにその通り、それを克服しなければ素晴らしい絶景や高山植物を堪能することが出来ない。
苦しい登りを克服したからこそ、同じ風景でも違って見える。
でも、やはり多少は余裕をもって楽しみたい。
なので、トレーニングをする。
少しでも楽に登りたい、少しでも遠くまで歩いて多くの感動を得たい。

山登りのためには”体を持ち上げる”力、強力な”心肺機能”、下りでの足への耐衝撃性もしくは歩行法、そしていくら歩いても疲れない様な”持久力”が必要。

何回か11kgの荷物を背負った5kmのランニングをしていて、タイムも上がって来たので火曜日は空身で同じコースをランニングしてみた。
重荷を背負ってランニングしてたのだから当然タイムは良い結果が出るだろうと思っていたものの全然だめだった。
早く走るには心肺機能が重要で、それがついていかなかった。
昨日は再び歩荷ランニングしてみた。足が重く、お腹も空いていて力が出ず先週のタイムに及ばなかった。
そして今日はちょっと違う5.3kmのルートで早足ウオーキングしてみた。ランニングや、歩荷ランニングとは違い心肺機能(脈拍上昇)は問題なかったのだけれど、足に来た。
早足での足の疲れ、むしろ走った方が楽に感じる。

この空身ランニング、歩荷ランニング、歩荷ウオーキングの組み合せは結構面白いかも。
同じトレーニングを続けることで、夫々のタイムアップは計れるかもしれないけれど、偏ったトレーニングになってしまう。
空身ランニングで心肺機能を鍛え、歩荷ウオーキングで足を鍛え、歩荷ランニングで衝撃に耐える強靭な体を作る。
あとは実際に山に行って耐え忍び、持久力を鍛えて行く。

体力に余裕が持てれば楽しく登山が出来る。
そんな事を思い浮かべながら日々を過ごしています。
ホントは暇があったら実際に山登りしていればどんどん鍛えられて行くんですがね。
スポンサーサイト
2016. 03. 22  
1993年からやっているバイク仲間での雪洞掘りと宴会、今年も無事に終了しました。
当初は19−20日で行う予定でしたが、天気が悪そうなので一日後ろ倒しで行いました。

今年はバイク仲間は私ともう一人だけの参加、後はその人の娘さんと、病気で亡くなってしまった仲間の息子とその友達4人でした。息子世代は我々がバイクでレースやってた頃の歳になり大いに活躍してくれました。
IMG_20160320_113111.jpg

雪不足は深刻で、いつも掘ってる場所を諦め、少し離れた場所の吹きだまりを掘り始めましたが、早々にクマザサが生える地面に達してしまいました。
IMG_20160320_143121.jpg

他を探そうかとも思いましたが、時間もないのでその穴をなんとか生かし地面(斜面)に沿って掘り続けました。
天井もかなり薄くなってしまい強度に不安を抱えながらなんとか完成させ、4時過ぎから宴会を行いました。
IMG_20160320_151946.jpg

IMG_20160320_175232.jpg

IMG_20160320_183624.jpg

で、なんと、息子世代は一人を残し泊まるのが怖いと言って帰ってしまい、残った一人も車まで戻って車で就寝、でメンバーの父娘はキャンピングカーに撤収、そんな訳で私が一人っきりで雪洞で寝ました。
IMG_20160320_215745.jpg

天井が薄かったけれど、下がってくる事も無く無事に一晩過ごすことが出来ました。
IMG_20160321_080035.jpg

でも、これだけ雪がすくないのははじめてです。夏は水不足ですね。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。