FC2ブログ
2019. 02. 05  
先日、TV見ていたら霧ヶ峰でウサギの足跡を見つけただけで”おぉ〜”って感動していた。
なんでそんなんで感動してるんじゃい!
って思ってみたものの、子供の頃は私もたしかに感動してた。
ウサギだろうがカモシカだろうが感動しなくなったのは、自分がつまらない人間になってしまったのだと、そのときようやく気がついた。

あぁぁ〜、鳥も好きだけどスズメやヒヨドリみたいにそこいら中に居る鳥じゃダメになってしまった。
珍しい、綺麗、可愛いなどの条件に合致しなければダメになってる。

こういう問題はどうしようもないんでしょうね。
感動を得るためには、次に進まなければいけないってことでしょう。

過去に岩登りしてた時もどんどん難しいルートにいく様になって、もともと才能の無い自分にとっては負担になってきて、ちょうど結婚したってこともあって一気に遠ざかってしまった。

45歳を過ぎて再び登山を始めて、のんびり山歩きを楽しんでいたけれど、もっともっと登りたい、遠くまで行きたいと思う様になり、トレーニングまでする様になってしまった。
基本のんびり楽しめない性格なのかもしれない。

同僚で山登り楽しんでるAさんは、限界線を決めてそれ以上の登山は決してしない。
もちろんトレーニングもしない。
私からすれば、それなりに実力もアップしてるのでどんどん登れるはずなのに、突き進むことはしない。
ある意味うらやましい気もするし、もったいないなぁ〜っても思う。

ジャパネットたかたの社長さん(今は会長か?)が『自分史上最高を目指す』と言ってたのが私の背中を押す。
世の中で見たらつまらないちっぽけな人間だけれど、私の中でそれが出来ればと思う。

リセット出来ない人生、歳とってつまらなくなっても、まだまだ感動する場面を見ることはできる。その先に進むだけでなく、観点を変えて見たり、ふと脇道にそれたりとか色いろやれることはある。
もうちっとがんばってみっぺ!
スポンサーサイト



プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR