2016. 02. 20  
登りと下りの時間の感覚についての考察

by hayabusaHan
登りに比べ、下りは時間が長く感じます。
同じ30分でも倍近く感じ方が違うのではないでしょうか?
ずっと不思議だったのですが、ちょっと思いました。
”歩数”に関係があるのではないか?

下りの歩数は同じ時間でも登りに比べると倍くらいになっている。
ということは同じ歩数なのに、時間は半分しか経っていないのでそれで長く感じてしまうのではないか?

脈拍数や呼吸数の場合はその逆なので違うと思う。

下りの時は後半なので疲れているというのも要因にはなっていると思う。

いずれにしても、下りが嫌いにならない方法はないのかな?
いまのところ、予定時間など目標を立ててそれをクリアするのを楽しみに下る。
カエルだけでなく、なにか楽しみを見つければ苦痛にならない、と考えている。
いずれにしても、体と心に余裕が持てるような体力作りと余裕を持ったコース日程設計が必要と思う。

他にいい方法はないかな?
スポンサーサイト
NEXT Entry
第13回 大雪洞大会
NEW Topics
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
不祥にも負傷
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR