2017. 08. 08  
7月23日に中央アルプス空木岳に出かけてきました。

空木岳〜熊沢岳〜檜尾岳(駒ヶ根高原より周回)

天気が悪く、状況によってピストンにするか、その先進むか色々考えながら登りました。
身も心も今ひとつ、、、とにかく気分が乗らない。
眺めは無いし、寒くて低体温症の様になって手がぱんぱんになるし、でも綺麗な高山植物には癒される。

そんな気持ちで歩いているとろくなことは無い。
下山はじめの頃に、斜めに置かれた5段程度のアルミ梯子でスリップ!
段を飛び越えながら滑り落ち、最後の段で間に落っこち向こう臑を激しくぶつけてしまった。
幸い足をぶつけただけでその他は無事だった。
痛かったけれど、骨は頑丈!!折れる様なことは無い!!そのまま歩き続けた。
でも、あまりに痛いのでぶつけた所を見てみると流血しているではないか!
アルミの角材で殴られた様なもの、キズが出来るのは当たり前だった!!
血はタイツからしみ出し、スパッツも血が沁み出ている。
雨でぐしゃぐしゃだし、こういう時に限って応急具は持って来ていない。
とりあえず血を止めるのと汚れから分離するためにティッシュを折り畳んで傷口に当て、タイツで覆った。
そのまま下り続けたが、痛みはどんどんひどくなるし、久々の膝痛が出てしまい最悪の下りになった。
登山道が歩きやすい道だったので助かったが、最後の頃は10分歩いて2分休むくらいのペース。
その後最後は5km強の舗装路歩き。
雨が強くなったけれど、傾斜が緩いので膝の痛みはなんとか大丈夫。
予定より2時間弱遅れて車までたどり着いた。

次の日会社へ行ったが、だんだん痛みがひどくなって来て足首も腫れて来た。
一晩寝れば良くなるだろうと思ったが、夜は痛みで目が覚めるほどになった。
心配になっておなじみ”芦沢整形”で見てもらった所、骨は問題ないが、たぶん”ばい菌”が入って化膿してるとのこと。
普通、山は気温が低くばい菌でこんなになることは無いんだけどなぁ!ってこと。
とにかく抗生剤をもらって様子を見ることに。

20258188_1081725198626039_7008521886058217612_n.jpg

悪いことに、下山してから傷口を洗い流し、キズパワーパッド(キズを密閉するやつ)を貼ったのだが、これがバイキンを封じ込めてしまったみたい。
その後腫れも痛みもだんだん和らいでいった。
でも、こういう痛みは寝ると痛みが増す。
血の巡りが悪くなるせいだろうか。

20369710_1082048018593757_5453103098150616318_o.jpg

化膿の腫れと痛みはなくなっても、打撲の痛みはなかなか良くならない。
向こう臑の筋も痛めてるのでなかなか良くならない。
10日ほどで普通に歩けるよいになり、2週間後の先日の日曜日に吾妻山で登山道整備をして来た。

ラクダ山地理院地図コース再生作戦完了

痛みが残っているのと運動してなかったことでかなりつけれたし、傷口からまた少し血(体液?)が出て来た。
それでも、その後遺症は無くどんどん良くなっている。
やはり、痛いからと安静にしているよりは、適度に動きながらリハビリするのが良いのだろう。

怪我をしたのは、全くもって油断から!!
山ではよほどのことが無いかぎり気を抜いちゃいけないのに。
まだまだ修行が足りないと言うこと。
スポンサーサイト
NEXT Entry
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
NEW Topics
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
不祥にも負傷
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR