2010. 10. 11  
10/9 会社の友達と御岳山に行こうということで計画を進めていましたが、残念ながら低気圧が2つもやってきてあいにくの雨の天気予報。それでも私はあきらめがつかず、前回鹿島槍のときと同じく(このときも雨の予報だったので少し北に行ったら大丈夫だった!)北の方を物色し妙高山にたどり着きました。直前になって低気圧の動きも少しゆっくりになり、午前中だったら何とかなりそうな雰囲気!

ということで、前の晩は9時過ぎに就寝、やはり寝付けずうとらうとらしてるうちに3時の起床。眠い!
前の日買っておいた松茸おこわとヨーグルトを食し、3時40分過ぎに出発。7-11で昼のおにぎりを買って、雨が降り始めている高速を北行、松本付近は本格的な雨、長野に行くと少し弱くはなった物のやはり雨。だめかな~と思いながら更に北に向かうと雨がやんでしまった。妙高ICから下道に下り、赤倉温泉を越え、燕温泉へ。
IMG_0505.jpg
6時ちょっと前に到着。ここは温泉入り口の無料駐車場。トイレもあります。天気が悪そうなのに結構登山者がいる。危ないですよ!
雨はまだ降ってなかったけれど、靴がぬれるのは嫌だし、降ってから履くのも面倒なのでカッパズボンだけ履いて出発。GPSロガーがなかなか衛星を捕捉できずちょっと待ってましたが我慢できずそのまま出発。
温泉はとても雰囲気が良い、大正、昭和を感じさせるちいさな温泉街です。営業やめてしまった旅館も半分くらいあったような??ちょっと寂しい。
IMG_0543.jpg
温泉街を過ぎると早速登山道。左の燕温泉スキー場の方に入って行き、無料の露天風呂”黄金の湯”の脇を通って風が強い中どんどん登って行きます。スキー場の一番上に出た頃雨がぱらぱらやってきたのでカッパ上着を着用。しかし、そのご本降りにはなりませんでした。
しばらくコンクリで舗装?された登山道が続き、赤倉温泉源泉の石碑が建つ水場から本格的な登山道になります。
IMG_0506.jpg
途中光明滝、称明滝が見えますが、水量が少なくあまり迫力のある滝ではありません。
IMG_0508.jpg
ちょっと急な登りの後沢沿いをしばらく登り、胸突八丁の登りを一気に越えると天狗堂(天狗平1935m)。ちょっとした広場です。
IMG_0514.jpg
登山道そのものはよく整備され、とても歩きやすい道になっています。落ち葉が多くて道の石や窪みを隠していますが、それもお愛嬌ですね。光善寺池(2075m)の近辺は紅葉もきれいでした。
IMG_0515.jpg

IMG_0516.jpg

とっても小さい風穴。これじゃ探検は出来ない。
IMG_0517.jpg

天気はまだ大丈夫そう、野尻湖も見えています。
IMG_0518.jpg

2250m付近で西風をまともに受ける尾根に出ますがこのあたりから本格的にガスッてしまい、風も強くまともに受けるようになりました。ちょっと長い鎖場も現れます。足場はしっかりしてるので危ないことはありません。眺めが良いのでしょうが、今日は残念です。
IMG_0520.jpg

頂上が近くなってくると溶岩の中を歩くような感じです。ガスと風でいまいち全体像がつかめません。
IMG_0521.jpg

標高を2540mと覚えてしまっていて、GPSで確認しあと100mあると思っていたらあっさり頂上についてしまった。南の頂上の方が2454mで北より高いのですが、標識がなかった?(見落とし??)ので天気も悪いし、そのまま2445.9mの一等三角点のある北峰に向かいました。頂上ではちょうど反対側から登ってきたご夫婦さんと一緒になり、お互い写真を撮り合いました。8時20分頃着、ちょうど2時間15分、コースタイムは4時間半なので、ちょうど半分。寒いので一服だけして8時35分には退散。
IMG_0524.jpg

下りは快調。
膝の痛みもなく、昔の感覚が戻ってきた感じ。石ころ、岩が多いのですが、溶岩のため滑りにくくそれも良かった。一気に下って、長助池という湿原で記念撮影。中途半端な紅葉でした。天気がよけりゃこのあたりでコーヒーでも沸かして飲むとおいしいだろうな~~~、まあ、そんな荷物は持たないのだけれど。
IMG_0527.jpg

さらにくだりはペースアップ!傾斜もきつくなく歩きやすい道なので走れるところはなるべく走りました。そのうちガスもなくなって、周りが乾燥してきたのでカッパを脱ぎました。いや~~快適!
でも、下りは長く感じる。早く下ってるつもりでもなかなか目的地にたどり着けない。
時間の進み方がきっと遅くなるんだと思います。ってのは先日の鹿島槍で感じたことと同じ。
IMG_0534.jpg
大倉谷の橋を渡って、ちょっと登ったり、下ったリがあって、後は麻平分岐からは一気に下って登山道は終了ということになります。10時ちょっと過ぎに下りてきました。
で、せっかくなので日本の100滝に選ばれている惣滝の方に向かってみました。
崖崩れ(地滑り)があったそうで、その道は通行止めになっていますが、行く人は行くので道が出来ています。
その道に従って向かってみました。ん、惣滝の頭が見えた!でっかい滝です。落差は80mあるそうです。(その時は知らなかった)でももうその先は行ける状態ではない。というか、無理して行く場所じゃないと思った。前はきちんと整備されてて、鎖もあったようですが、荒れ放題。
でも、次は行ってみようかな。
IMG_0536.jpg
行けなさそうなこの場所の真下にあるのが権現滝、落差30mとのことですが、滝壺が見えない状態で奈落の底ってのを感じさせる恐ろしさ!
IMG_0539.jpg
ということで、探検終了。
おとなしく風呂入って帰ることとしますが、帰り道にあるはずの”河原の湯”は落石のため利用できないとのこと。
なのでまた最初の登山道登り返しで”黄金の湯”へ。
硫黄臭が結構きつい、なかなか効き目ありそうなお湯でした。しかも葉っぱエキスもたっぷり!
IMG_0540.jpg

ということで、一周約4時間の日帰り登山無事終了です。
当日は体大丈夫でしたが、次の日は太もも、ふくらはぎが痛くてたいへんでした。
まだまだ修行が足りないようです。

スポンサーサイト
NEXT Entry
筋肉痛と、三峰川林道入り口と、カワセミ
NEW Topics
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
インフルエンザ(A型)
再発”座骨神経痛”
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR