2011. 01. 25  
最初の寝袋は前の日記でも登場した”ヒマラヤ山荘”オリジナルの化繊綿のシュラフ。今ではホームセンターで売ってるものよりも重くて寒そう!な綿の薄さ。それでいきなり吾妻山の残雪の中でお泊まり!寒くて眠れなかった。
高校時代は結局その寝袋で過ごした。高学年になってシュラフカバーを買ったかな。
蒸れてびしょびしょにナッッタっけ!

最初に買った羽毛のシュラフはそのヒマラヤ山荘の奥の方で眠っていた中国製の温かそうなやつ。冬はこれで十分だった。でも夏は使えない。
それで、天山のコンパクトシュラフを購入。当時これが一番パフォーマンスが高かった。小さくて暖かい。

そして漸くゴアテックスのシュラフカバーを購入。3レイヤーだったので重かったけれど、それ単体で使え、ほとんどの夏山はこれで過ごした。

冬の甲斐駒赤石沢奥壁にいくためにだったか?冬用のしっかりしたのが欲しくて厳冬期用はICIオリジナルのものを購入。メチャクチャ暖かくて、うれしくて部屋でもそのシュラフで寝ていた。このシュラフは冬山、モンゴルフィティン、天山山脈で活躍し、その後家族キャンプで第二の人生を送った。現在は休養中。

夏のキャンプは四角い化繊の寝袋、とは言っても暑いから入らないで敷き布団状態での使用。大っきくても車で持っていけるので、ホームセンターの寝袋で十分。

で、ついに軽量寝袋をモンベルで先週購入!
古いモデルのアウトレット品だったけど、現状品とそうそう変わる訳でなく、重さが480gということで決定。(これはゴアテックスのシュラフカバーより軽い!)だって定価が22,800円が13,620円だったので。モデルとしてはたぶん3年以上前のもの。でもね、自分が現役だった頃からすでに20年くらい経ってる訳だからそれから見たら最新式!
IMG_7644.jpg
うれしくてそれだけで寝てみましたが、さすがにちょっと寒かった。
ところで、重さを量ってみたら480gのはずが550gあった!怒ってる訳じゃありませんが、ちょっとびっくり。
・・・と思ってもう一度表示ラベルを確認、そしたら謎が解決!身長193cmまでのLongSizeだった!

キャンプ用を除くと羽毛の登山用寝袋はこれで5ヶ目。羽毛だけ再利用して新しい軽い寝袋作れると良いのだけれど。
スポンサーサイト
NEXT Entry
山の装備 その三(コッフェル編)
NEW Topics
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
インフルエンザ(A型)
再発”座骨神経痛”
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR