2011. 02. 04  
◇登山靴
高校に入ってまずは”これぞ登山靴!”って言うヒマラヤ山荘オリジナル登山靴を購入しました。この靴で高校3年間働かせてもらいました。最初が100%雪上歩行だったのでこれが無ければいけませんでした。でも重かったな~~~冬は凍らないようにシュラフに入れて寝てたな
高校卒業後は一度も履くことがありませんでした。

◇ズック
個人登山では基本的にズック。足首が頑丈だったのでこれで困ったことはありません。岩登りを始めてからもアプローチはずっとズック。出来るだけ軽いズック。
そういや、冬の通勤靴はアディダスのゴアテックスズックです。ホントに使ってんのかな?って思う値段(5千円くらいだったかな?)だったので即買いました。軽いし、快適です。

◇地下足袋
飯豊山での荷揚げのバイトはずっとこれで通しました。ほとんど毎日雨だったので半袖半ズボンに地下足袋、蓑傘姿で変だったかな~~~
それから最初の頃の沢登りはこの地下足袋にわらじ。もちろん本物のわらじです。グリップしたな~~~~

◇フラットソール
岩登りはフラットソール。草付きの湿った岩場はとても怖かった!
私は練習も本番もさぼってばかりだったから靴底減らなかった・・・・・
一応3足はきつぶした。

◇プラスチックブーツ
氷登りを始めるので冬期登山用のプラブーツを買った。今から25年以上前かな?
最初のプラブーツはモンゴルまで一緒だった。
しばらく放置していたらプラスチックが劣化して割れていた。
で、天山山脈に行くと決まって2足目のプラブーツを購入。グレードを一つ落としたけれどそれで十分でした。
最近復活させたのはこのプラブーツ。まだ劣化は見られません。
1667334855_26.jpg

◇ハイキングシューズ
ナイキやサロモンのアウトドアシューズを履いていたけれど、基本的に足形に合わなかったし、防水じゃなかったので濡れた。
で、長野にやってきて漸くゴアテックスの本格的な?ハイキングシューズを購入した。足首を固定するのは嫌いなのでローカットモデル。昨年水漏れ発覚。ちょっとした水たまりでも水が浸入するので、今年はモンベルのマリポサジョガー を購入予定。

◇はだし
忘れちゃいけないのがこれ。
足裏が頑丈なので、アプローチなどで沢を渡るときははだしでも問題無しでした。
思い出すのは穂高屏風岩の帰り道、涸沢からパノラマコースを下りベースの横尾に戻る際、新村橋までいくのが面倒で梓川を渡ったのですが、あの冷たさは今でも忘れられません。冷たいだけでなく、ずいぶん広くてつらカッラ。
それから、奥鐘山までのアプローチは靴とズボンを脱いで、パンツ一丁で黒部川を遡行しました。3回行ったけど、3回ともそうだったかな???
そのころ、「俺は日本中の川をはだしで遡行してみたい!」って本気で思ってました。

◇長靴
冬の甲斐駒に行くのに黒戸尾根の登山口から5合目小屋まで長靴を利用した。アプローチは絶対これの方が良いと先輩からアドバイスをもらったからです。
ところが、福島から漸く甲府盆地に入った頃、パートナーがなんと!”登山靴(プラブーツ)を忘れたかもしれない!”と言い出した。ごそごそと荷物を確認していたが、やはり無かった!で、勝沼ICで福島に引き返した。何しろ長靴でアイゼン履いて赤石沢の壁を登るのは!(もちろんそれで登ったら大記録か??)
次の日無事に甲斐駒のふもとまで戻ってきて、予定通り5合目まで長靴で登った。
でも今考えてみると、なんでわざわざ重い靴を背負って登っていたのか!確かにプラブーツはかなり歩きにくいけど、長靴も結構歩きにくい。

長靴は雪洞堀のときも使用しています。普通の長靴で、下敷きを少し強化しているだけで。でも、穴堀していると冷たさは無く、十分です。履くのも脱ぐのも楽だし、結構使える!

◇まとめ
頑丈な靴で、足を守ることは必要ですが、必要以上に重い靴を履いてしまうと逆効果です。軽くて要所のガードがしっかりしていて、ゴアテックスで通気性が確保されていて、足首も守るけど優しくガード程度!ってのが理想なのかな?
スポンサーサイト
NEXT Entry
山の装備 その六:カッパ編
NEW Topics
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
不祥にも負傷
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR