2011. 02. 04  
山に行くのに絶対必要な装備は3つ。良い靴と、良いザックと、良いカッパ。
特にカッパは命を守る大切な道具だと思います。

高校時代はまだゴアテックスは発売されておらず(開発は終わっていたみたい)、防水で透湿の素材は夢のまた夢でした。なので、ゴム引きのカッパ。雨を防ぐためだけのもので、防寒着として着たりすると蒸れて、濡れて逆に冷えを誘発してしまうことに!なので、ヤッケなど防寒着が別に必要でした。

満を持してゴアテックスが出てきても、あまりに高価で手が届かない。
それで、エントラントという東レで開発した防水透湿素材のかっぱを購入しました。
値段はゴム引きの2倍位、ゴアの半分くらいだったかな?
結構プア~な製品でしたが、軽かったのです。当時は体力があったので気にしてなかったのですが、今考えれば良い製品だったな~~~って思います。
このカッパは、山引退後バイクの泥沼レースで大活躍でした。

ゴアテックスは岩登りで谷川とか行くようになって漸く購入。
最初はICI石井スポーツのパイネブランドを。これは生地が厚く柔らかかったので暖かく冬も大活躍でした。モンゴルまでこれで行ったんだっけかな?
もちろん防寒着として使えましたので、雨が降らなくても活躍してくれました。

次にノースフェースのゴアテックスカッパ。
パイネがぼろぼろになってしまい、つぎはぎだらけになってしまったので購入。
機能、デザインとも登山に適した作りになっていてステキ!
天山山脈の氷河と岩の上ではほとんどこのカッパで過ごしました。
春の白馬大雪渓の下りで尻滑りをしたら、小石で沢山穴があいてしまい涙
昨年洗濯したらロゴの印刷が全て剥がれてしまい、今ではノーブランド!
でも貸し出し用カッパとして今でも活躍。

昨年購入したのがモンベルのストームクルーザー。
重さは(収納袋を含んで)
 パイネ     850g
 ノースフェース 760g
 モンベル    530g
と格段に軽く、小さくなっています。
防寒性能は劣るのでしょうが、先日の八ヶ岳で全く問題ありませんでしたし、夏場の雨で大汗をかかなくて済みます。
パンツは型落ちのアウトレット品で結構安かった。

いずれにしても、今のカッパは防寒着を兼ねるのでそういう意味でも軽量化に貢献します。
なお、夏にかっぱを着るようなことがあれば厚着は禁物です。
雨の北アルプス稜線でも、ドライ素材のTシャツ+カッパ、寒ければ+薄地のドライ素材長袖Tシャツで十分です。汗をかいて、それが冷えることの方が危険です。

前回も書きましたが、大学時代にやった飯豊山での荷揚げのアルバイト、このときはほとんど毎日雨でしたが、かっぱは着ませんでした。短パン、Tシャツ、地下足袋+蓑傘です。歩いているときは体が熱いし、休んでいるときは雨をタオルで拭き取ると寒くありません。今はそう行かないでしょうが、考え方は同じです。

ドライ素材はやはりモンベルのウイックロンクールがおすすめです。
濡れても暖かいし、すぐ乾くし、紫外線もカットするし。
実際山で使うと湯○黒などの一見良さそうな生地との違いがよくわかります。

ということで、カッパも小さくて軽いと手軽に着たり脱いだりできるし、出来るだけそういったものを購入することをお勧めします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
火山
NEW Topics
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
インフルエンザ(A型)
再発”座骨神経痛”
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR