2011. 06. 20  
あっという間?それとも漸く3ヶ月?

3月11日の大震災は長野で迎えた。
大きくゆっくりゆれました。これはどこか遠くで大きなのが来たな!と直感した。
会社でも震度4程度ありましたから避難が始まりました。
すぐに東北が震源だったことがわかり、家に電話しました。
なかなか繋がりませんでしたが、なんとか自宅にいた次男と繋がりました。
大丈夫だったらしい!
どこまで大丈夫だったか?まあ、生きてることはわかった。
妻や実家とも連絡が取れ、なんとか無事らしい。
長男もしばらくたってメールで無事を知る。

会社ではゆっくり体育館に避難。
みんなが携帯のワンセグで被害状況を確認。
津波がすごいらしいが、小さな画面では実感がわかない。
余震が続いているらしく、早く帰ってみんなの無事を確認したい。

体育館で防災責任者が説明するが、テレビ以上の情報はなく不安は増すばかり。

その後居室に戻り仕事を再開。
すぐに福島に戻りたかったけれど、会議もあってびっしり定時後まで仕事。

高速道路が通行止めになっているとの情報もあり、福島に帰ることが得策かどうか?いろいろ考えるが、やはり家族にあって無事を確認したい。
7時前に長野を出発。
地デジでニュースを見ながら走るが、津波の被害の大きさに衝撃を受ける。
浜近くに住む友人の安否が心配!

新潟の黒埼ICで給油。しかし既に給油制限始まっており、不安がよぎる。

福島県に入る前に高速道は通行止めとなり、49号線で福島に向かう。
道路が破損していることはなく、交通量も少ないため案外早く福島に入ることが出来た。土湯峠を越えてはじめて地震の影響を知る。
道路の陥没、停電による真っ暗な信号。

漸く家に戻ると、”ん?”確かに何の被害もない。
棚の中ももともと散らかってたのか、地震でなったのかどうかもわからない位。
息子たちの寝顔を見てほっとする。
PC付近の棚がちょっとずれている程度の被害だった。
停電もなく、水は地下水だったので問題無し。

テレビで見る震災の影響は大迫力。
とんでもないことが起こったと実感する。

実家は棚のものが落ちたり、瓦がやられたり結構被害があったようだがみんな無事で安心。
近所を歩いても、お墓が倒れたり、石灯籠が倒れたりしてるが、とんでもない被害はなかった。
福島の中でもこの辺りは揺れが少なかったようだ。

長野への戻りも新潟回り。
高速は使えなくても交通量が少なくなっていてあまり時間は変わらない。

長野に戻ってみてちょっとびっくり。
スーパーのインスタント食品がなくなってる。ティッシュやトイレットペーパーもなくなってる。

そのうちガソリンが手に入らなくなっているとの情報。
で、さらにタイへの出張が決定。
自宅の被害がなかったので、タイへ赴任している福島の仲間に合うことも目的として。余震が心配だったが、とにかく行く!
3/22~26でタイに行くが、タイでも大きな話題になっていた。
原発の件もだんだん話題になってきていて不安は増すばかり。

タイから戻るとすぐにガソリン、灯油を大量に調達し福島へ。
このガソリンは相馬の友達にも届ける予定。
ふくしまでは数キロの列を作ってガソリン入れ待ちをしている。
ホントにとんでもないことになったと思った。

そして相馬の友人の所に行き、海辺の津波被害を目の当たりにする。
だれがこんなことになるなんて想像していたろうか。
想定外、いったいどこから想定外なのか??
相馬の友人、南相馬の友人とも元気だった。
ちょっとだけ安心。

4月になるとガソリンも調達可能になり、あの行列は何だったんだろうって感じ。
セブンイレブン、ホームセンターも復活し始めて、だんだん普通の生活が出来るようになってきた。

5月連休は既に普通の状態に戻っていたが、何しろ原発の影響で普通じゃなくなっている。
状況は好転する気配がなく、ニュースでは日々深刻な状況になるばかり。

そして、気がつくともう3ヶ月。
大きな余震もなく、ちょっと不気味。
最近はM6を越える地震が起きていないが、つい先日M5.9があった。
M7はあと何度かは覚悟しなくては行けないと思う。

でも、いまは地震より放射線だ。
どうしたら良いのかわからない状況。
安全だと思って私は外で遊ぶし、庭仕事もする。芝刈りは放射線を浴びながらの大仕事。
心配して、家に閉じこもって、運動しない方が体には悪いらしいし。
ストレス貯めないことが一番。

放射線で遺伝子破壊されても、それ以上に体を活性化させることで克服できる。

とにかく政治のごたごた、ばかばかしくてみてられない。
が、いい加減にしてほしい。
早く困っている人たちを助けてください!
スポンサーサイト
NEXT Entry
地震の記録
NEW Topics
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
不祥にも負傷
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR