2011. 11. 03  
10/27
 火打山から下り、上越で温泉とラーメンを堪能してから富山へ。魚津で高速を下りるも、馬場島へ向かう道が通行止めらしく??結局滑川ICの近くまで回り込んで馬場島へ。途中コンビニが無くてビビりましたが、なんとかローソンがありそこで朝ご飯と昼ご飯を買い込むことが出来ました。

真っ暗になった馬場島の駐車場についたものの、車は一台もなくメチャクチャ寂しい。ただし、駐車場の街灯が点いていて買ったばかりのU.L.ドームシェルターの設営も楽チンでした。トイレも電気が点いたので快適!

でも、人がいなくて寂しい。
星空は素晴らしい!
8時過ぎに就寝。厳冬期用のシュラフ久々の登場。快適!

朝は明るくなったらすぐに出発、5時半頃にはと思って4時50分に目覚ましをかけました。
まだまだ真っ暗。
U.L.ドームシェルターの結露は予想通り結構すごい。
タオルで水滴を拭き取り、ガスボンベ稼働させてテント内を暖める。

朝ご飯は乾燥米(山菜おこわ)と豚汁。
で、のんびり過ごしているうちにだんだん明るくなってきた。
朝になって誰か来るかと思ったけどまだ駐車場にはモコ号のみ。

6時15分 そしてやっと重い腰を上げて出発。
      遥か彼方に頂上が見える。
      (写真ではわかりません)
      IMG_1794.jpg

ここ750mから約9kmで2999mの頂上まで一気に登る。
雪の状態がわからないが、昨日の火打レベルなら何とかなる。
それを越えるようなら無理をしてはいけない。

そして、おや、車が一台!京都ナンバ~、昨晩は無かった。
ちょっと心強い。
未知の雪山で踏み跡が無いと心細いからね。
     
2分程歩くと登山口に到着、”試練と憧れ!”
社でお参りをしていよいよ登り始める。
     IMG_1797.jpg

気持ちいいくらいのいきなりの急登。
急登フェチの私にはたまらない!!
とにかく登る。
1050mの松尾平まで標高差300mを23分で登りきる。
昨日の筋肉痛もなく快適な登り。
松尾平付近はちょっと平坦な気持ちのよい林の中を進み、
そして再び急登が始まる。

この辺りには立山杉と呼ばれる杉の巨木が沢山あり、すごいパワーを感じる。
しゃしんでは良くわからないかもしれませんが、なにげにメチャクチャぶっとい木が沢山あります。
これを見にくるだけでも十分価値があると思います。
    IMG_1804.jpg
    (6時52分撮影)

登山道には標高200m置きに道標が設置されています。
ただし、GPSのデータとは明らかにずれているものが多く注意は必要。

7:06 1200m通過
    ここの前で先行者を抜いてしまいました。
    せっかく踏み跡をきたいしてたのに・・・・
7:31 1400m通過
    とにかく気持ちのいい急登。
    道は良く整備されていて急だけどとても歩きやすい。
7:40 1600m通過
    眺めが良くなって来る!!
8:00 1800m通過
    この辺りから雪が出始める。
     だいじょうぶかな~~~
    IMG_1816.jpg

    立山方面
    IMG_1817.jpg

8:13 1921m 三角点 
    IMG_1822.jpg

8:29 2000m通過
    だんだん雪が多くなってきたよ。
    IMG_1823.jpg

ちょっと登ると尾根上なのに池が。薄氷が張ってました。
    IMG_1825.jpg
   (8:36)

早月小屋が近づくと視界がどんどん開けてきます。

8:59~9:15 早月小屋で休憩(2200m)
    小屋はすでに冬支度、中に入ることはできません。
    日だまりの広場でカロリー補給。
    小屋手前の尾根上から眺めた早月尾根上部、尾根の左(北)側は結構雪が。
    IMG_1829.jpg

    遥か眼下、写真の真ん中の谷間が馬場島。よく登ってきたね。
    IMG_1832.jpg

9:43 2400m通過。
    岩場も出てきてだんだん危険な雰囲気。
    雪が無ければ何でもない所も、この薄雪が結構滑ってくせ者。
    神経使いますわ。
    IMG_1833.jpg

    尾根の右(南)側は雪が解けているのですが、登山道は大半が尾根上か北側を通過します。
    IMG_1835.jpg

    馬場島がもっと良く見えます。ちょうど中央です。
    富山平野、富山湾もしっかり見えます。
    IMG_1837.jpg

10:09 この辺りの斜面が一番危なかったか??
    踏み跡が無いのでルートがわかりづらいし、岩についてる雪も中途半端。
    ちなみに動物の足跡はご覧の通り山ほどありました。
    IMG_1841.jpg

10:13 2600m通過
    この辺りから夏の核心部が始まる
    IMG_1844.jpg

10:48 一見危なそうな岩場、雪がなく問題無し
    IMG_1847.jpg

10:56 2800m通過
    ここから鎖場がどんどん出てくる。
    鎖があると安心です。
    今回ばかりは鎖の無い、夏だったら何でもない所が核心部です。
    IMG_1852.jpg

     IMG_1855.jpg

    IMG_1858.jpg

    IMG_1859.jpg

    IMG_1860.jpg

    IMG_1861.jpg

11:33 そしてついに頂上到着!
    足跡は無いので、ここ3日程で初の登頂者か??
    つまらないけど、ちょっとした喜び。
    IMG_1862.jpg

    IMG_1863.jpg

    針ノ木岳の向こう、八ヶ岳(左奥)と南アルプス(右奥)の真ん中に富士山。
    IMG_1865.jpg

    剱沢、立山の向こうに槍ヶ岳
    IMG_1866.jpg

    魚眼レンズで。
    IMG_1867-1.jpg

    魚眼レンズ。白馬から鹿島槍方面
    IMG_1868-2.jpg

    白馬から鹿島槍方面
    IMG_1870.jpg

    白馬方面
    IMG_1875.jpg

    富山湾~能登半島
    IMG_1876.jpg

雪はあるけど風もなく暖かい頂上で、メールを送り、写真を撮り、カロリー補給して35分程のんびりしました。

12:05 下山開始
    尾根のさきっちょに馬場島が見えます。遠い!
    IMG_1877.jpg

    鎖があるので一気に下れます。無かったらザイルが必要ですね。
    IMG_1880.jpg

    この辺りは雪が無ければ問題ないですが、滑らないように慎重に下ります。
    IMG_1881.jpg

12:20 2800m通過
    この辺りで朝出あった登山者とすれ違いました。
    日帰りと言ってたので、このペースだったら真っ暗の中下山かな??

13:44~14:07 早月小屋で休憩
    とりあえず危険箇所はクリア。神経が疲れました。

14:34 1921m通過
14:54 1600m通過
 
15:15~23 1200mで一服

15:38 立山杉
    ストックを立てかけてみました。大きさがわかると思います。
    IMG_1891.jpg

    下りも一気に下るので気持ちいい!
    膝も痛くなっているけれど、我慢できるレベル。
    
15:40 松尾平
    ハイドレーションの水が1600m付近で切れました。
    気温が低かったので、水無しでも大丈夫でした。

15:55 登山口
    最後の標高差300mは15分で下りました。
    いかに急かわかると思います。

    今回はやり遂げた感がありました。
    ちょっとうれしくなりました。

16:00 駐車場着 何台か車がありました。    
    IMG_1894.jpg
 

甲斐駒黒戸尾根と同じで8時間を目標にしていましたが、それは叶いませんでした。お風呂に入る時間もなくなってしまいました。もうちょっと早く出発すれば良かったのかな。でも、このコンディションでも10時間を切れたのは良かったです。
このデータをもとにすると、さらに行ける山が増えたと思います。

GPSデータ
turugi_map.jpg

turugi_dis.jpg

turugi_time.jpg


車で少し下った所から早月尾根を臨む!
IMG_1899.jpg


ということで、そのまま福島に帰り登山終了!
今年はもう良いかな~~~
最後は瑞牆山か、金峰山あたりで終了!

WEBアルバムはこちらから
剱岳(早月尾根)
スポンサーサイト
NEXT Entry
11/05のツイートまとめ
NEW Topics
諏訪湖の花火(サマーナイトファイヤーフェスティバル)
不祥にも負傷
今年の登山はこんな感じ
今年の五月はトレーニング月間
経ヶ岳に行ってみた
第15回雪洞宴会 3月19、20日
ご飯の炊き方
2016年登山まとめ
野鳥の写真まとめ
山に向かえない
磐梯吾妻スカイライン周回(ショートカットで!)
9月の豪雨と、そして50肩は治った!
台風と登山と
明日はアビリンピック長野県大会
GPS機器について
山登り、山登り
忙しくなる
登山のためにはどんなトレーニングが良いのか?
第13回 大雪洞大会
登りと下りの時間の感覚についての考察
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR