FC2ブログ
2011. 06. 20  
農地は宅地に簡単に出来ない、宅地で農耕してはいけないなどなど、何かといろいろあるので規制がある。

ゴミ焼却場の熱はだいたいそのまま捨てられる。
福島にはその温水を利用したプールがある。
でも、その熱を発電に利用するという話は聞いたことがない。
プールを作るよりなんぼか建設的と思うのだけれど、きっと何か規制があるんだと思う。自治体がやっちゃいけない行為なのかも知れませんね。無駄な話です。
そんな規制が山ほどあるんだと思います。

会社には大っきな液体窒素タンンクがあります。冷気が沢山漏れてます。
これをクーラーに使えないかな~~~
クリーンルームの空調のため大きな熱交換器があります。
この熱もスタッフルームの暖房につかえないのかな~
って、そんな工事をちゃんとやるだけのお金は使えない。
だって効率が悪くて、最初から専用の暖房やクーラーを取り付けた方が安いから。

でも、地球環境を考えたらそういう無駄じゃない利用に困るエネルギーが山ほど捨てられている。

資源ゴミなんてそんな感じで漸く見直され始めた所。
まだまだ再資源化のためにお金がかかってしまうけれど、だんだん資源が少なくなってきたので頑張って再資源化しようとしている。

数年後には今のゴミは全部資源になるかもしれない。
そして熱などのエネルギーも資源になるかも。
(下水道みたいにエアコンの熱風など換気が下空道で集められ大きなエネルギーに代わるかもね)
日本はそれが出来る国だと思う。

頑張れ日本!

---------------
老後はどれだけ省エネして過ごせるか!なんてのが楽しみになるかも。
いま省エネ運転して燃費がのびるとうれしい、そんな感じで生活できる感じがする。
市販品でいろんなことするのも良いけれど、手作りでいろいろ試してみたいな~~~水車、風車、太陽光発電、自転車発電等々。あと10年もするといろんな設備も安くなるだろうし、太陽光パネルなんてのも秋葉に行くと平米いくらでバラ売りしてそうだし。
2011. 06. 20  
気象庁発表の地震記録をグラフ化しました。(震度ではなくM:マグニチュードです)
発生地域ごとに記録はあるので色分けしたいですが、データが多いのでまだやってません。
まあ、ほとんどは今回震災の余震になります。
jishin.jpg

ということで、地震は減っているようで実はあまり変わっていません。
M6近くの地震も減ってないし、安心できないデータです。
とは言え、エネルギを溜め込んでまた大きなのがど~~んと来るよりは良いのかな?

6月18日の夕方の地震(M6)は地鳴りがして、久しぶりに(100日目にして!)大っきなのが来たか~~~って思っちゃいました。まだまだ安心は出来ません。
2011. 06. 20  
あっという間?それとも漸く3ヶ月?

3月11日の大震災は長野で迎えた。
大きくゆっくりゆれました。これはどこか遠くで大きなのが来たな!と直感した。
会社でも震度4程度ありましたから避難が始まりました。
すぐに東北が震源だったことがわかり、家に電話しました。
なかなか繋がりませんでしたが、なんとか自宅にいた次男と繋がりました。
大丈夫だったらしい!
どこまで大丈夫だったか?まあ、生きてることはわかった。
妻や実家とも連絡が取れ、なんとか無事らしい。
長男もしばらくたってメールで無事を知る。

会社ではゆっくり体育館に避難。
みんなが携帯のワンセグで被害状況を確認。
津波がすごいらしいが、小さな画面では実感がわかない。
余震が続いているらしく、早く帰ってみんなの無事を確認したい。

体育館で防災責任者が説明するが、テレビ以上の情報はなく不安は増すばかり。

その後居室に戻り仕事を再開。
すぐに福島に戻りたかったけれど、会議もあってびっしり定時後まで仕事。

高速道路が通行止めになっているとの情報もあり、福島に帰ることが得策かどうか?いろいろ考えるが、やはり家族にあって無事を確認したい。
7時前に長野を出発。
地デジでニュースを見ながら走るが、津波の被害の大きさに衝撃を受ける。
浜近くに住む友人の安否が心配!

新潟の黒埼ICで給油。しかし既に給油制限始まっており、不安がよぎる。

福島県に入る前に高速道は通行止めとなり、49号線で福島に向かう。
道路が破損していることはなく、交通量も少ないため案外早く福島に入ることが出来た。土湯峠を越えてはじめて地震の影響を知る。
道路の陥没、停電による真っ暗な信号。

漸く家に戻ると、”ん?”確かに何の被害もない。
棚の中ももともと散らかってたのか、地震でなったのかどうかもわからない位。
息子たちの寝顔を見てほっとする。
PC付近の棚がちょっとずれている程度の被害だった。
停電もなく、水は地下水だったので問題無し。

テレビで見る震災の影響は大迫力。
とんでもないことが起こったと実感する。

実家は棚のものが落ちたり、瓦がやられたり結構被害があったようだがみんな無事で安心。
近所を歩いても、お墓が倒れたり、石灯籠が倒れたりしてるが、とんでもない被害はなかった。
福島の中でもこの辺りは揺れが少なかったようだ。

長野への戻りも新潟回り。
高速は使えなくても交通量が少なくなっていてあまり時間は変わらない。

長野に戻ってみてちょっとびっくり。
スーパーのインスタント食品がなくなってる。ティッシュやトイレットペーパーもなくなってる。

そのうちガソリンが手に入らなくなっているとの情報。
で、さらにタイへの出張が決定。
自宅の被害がなかったので、タイへ赴任している福島の仲間に合うことも目的として。余震が心配だったが、とにかく行く!
3/22~26でタイに行くが、タイでも大きな話題になっていた。
原発の件もだんだん話題になってきていて不安は増すばかり。

タイから戻るとすぐにガソリン、灯油を大量に調達し福島へ。
このガソリンは相馬の友達にも届ける予定。
ふくしまでは数キロの列を作ってガソリン入れ待ちをしている。
ホントにとんでもないことになったと思った。

そして相馬の友人の所に行き、海辺の津波被害を目の当たりにする。
だれがこんなことになるなんて想像していたろうか。
想定外、いったいどこから想定外なのか??
相馬の友人、南相馬の友人とも元気だった。
ちょっとだけ安心。

4月になるとガソリンも調達可能になり、あの行列は何だったんだろうって感じ。
セブンイレブン、ホームセンターも復活し始めて、だんだん普通の生活が出来るようになってきた。

5月連休は既に普通の状態に戻っていたが、何しろ原発の影響で普通じゃなくなっている。
状況は好転する気配がなく、ニュースでは日々深刻な状況になるばかり。

そして、気がつくともう3ヶ月。
大きな余震もなく、ちょっと不気味。
最近はM6を越える地震が起きていないが、つい先日M5.9があった。
M7はあと何度かは覚悟しなくては行けないと思う。

でも、いまは地震より放射線だ。
どうしたら良いのかわからない状況。
安全だと思って私は外で遊ぶし、庭仕事もする。芝刈りは放射線を浴びながらの大仕事。
心配して、家に閉じこもって、運動しない方が体には悪いらしいし。
ストレス貯めないことが一番。

放射線で遺伝子破壊されても、それ以上に体を活性化させることで克服できる。

とにかく政治のごたごた、ばかばかしくてみてられない。
が、いい加減にしてほしい。
早く困っている人たちを助けてください!
2011. 04. 11  
福島市は地震そのものの被害は少なかったのですが、それなりに損傷を受けたところもあり使えない体育館があります。しかし、それ以上に大丈夫な体育館は避難所や救援隊の屯所になっていてスポーツイベントどころではなくなっています。
我が鳥川小学校の体育館は一部破損したものの半コートを使って練習は出来るようです。全国大会の出場したWANOドリームズの本拠地の小学校は損傷が激しく、授業も仮設プレハブのようです。

県北支部で毎年行っているスプリングカップは本宮市の本宮総合体育館を押さえていましたが、消防隊の詰め所となり5月いっぱいは大会どころではないようです。
あわてて別の体育館をあたっています。元気なドッジキッズの大切な大会を中止したくはありません。他県から福島の大会に参加してくれるかも心配なのですが、開けるとなればぜひよろしくお願いします。

福島近辺の体育館
 /福島体育館 損傷激しく使用不可。元々古いのでしばらく無理でしょう。
 /国体記念体育館 避難所にはなっていないが、しばらく使用できないとのこと。
 /あずま総合体育館 避難所となっており、当面使用できない。
 /会津地方 大きな体育館は避難所となっているらしい
 /須賀川アリーナ 避難所となっており、またサブアリーナは市役所として機能中。夏の県大会は開けないと思われます。

県協会の理事会、総会もまだ開けないとのこと。夏の県大会の会場の須賀川アリーナはたぶん使えないので、県北支部としては中止だけはないようにお願いしています。支部の予選を行い、それぞれ小学校の体育館でも良いので、規模を小さくしてでも行ってほしいと提案しています。

この状況はいつまで続くか。
2011. 04. 04  
昨日相馬の友人を訪ねました。
友人宅相馬市2軒、南相馬市1軒、それぞれ津波の被害はまぬがれました。
地震そのものの被害もほとんどなかったものの、津波被害の影響と原発の影響を受け普段通りの生活が出来るようになるには相当な時間がかかりそうです。
相馬市はガソリンも並ばずに購入できるようになりかなり改善されているようではありましたが、南相馬市(原町)は外を出歩いている人はほとんどなく、店もほとんど閉まっていました。

https://picasaweb.google.com/fdba.kp2/20110403?authkey=Gv1sRgCMTn2IHHz6ubpAE&feat=directlink

松川浦周辺の津波の被害はテレビでは見ていたものの、実際に見てみると声もでない程悲惨な状況でした。三陸の町丸ごと無くなった場所に比べると被害は少ないのかもしれませんが、一軒、一軒のそこに住んでいた人のことを考えれば被害の大きさだけで比較することはできません。
写真を見てもらえればわかるかと思いますが、自衛隊も警察も人数は少なく、ほとんど手つかずの状態です。
磯部地区には行くことも出来ません。道路の周りは浸水したままですし、片付けもほとんど出来ていません。
復興までどれだけ時間がかかるのか想像すら出来ない状態です。

友人は午後から近所の知り合いの告別式に行きました。
原町で就職の面接の後、帰宅途中で地震に遭い、地震での安否確認の電話中にプツンと電話が切れたそうです。その時に津波に飲み込まれたようです・・・・

次に私は何が出来るんだろう。
孫さんのように100億円も寄付なんて出来ないし、、、、

長野への帰り道、上越の新井PAであるおじさんに出会いました。
長野まで車に乗せてくれないかということ。ヒッチハイカ~~~
なんと、岡山から福島に向かっているとのことでした。
お金は?と聞いたら、岡山で働いていた工事現場の責任者?が夜逃げしてしまったらしく、働くことも出来ず、お金ももらえない状態で福島に戻ることにした。
でも福井まで鈍行乗り継いできたところでお金がなくなり、そこからヒッチハイクしてきたらしい。しかも既に7日目!食べ物もほとんど食べてない・・・
福島の飯坂新家があり、奥さんとは離婚していて、お父さんも米沢の養護施設にあずけているとのことで家には誰も住んでいないそうでしたが、地震でどうなってるのかかなり心配してました。
私が福島から来た所だと言うととてもびっくりしていた。福島は被害が少ないことを教えたらすこし安心したようでした。
で、長野ではその後たいへんなので岡谷まで送ることにした。
岡谷からなら高速バスで東京まで出れるし、そこからも高速バスで一気に帰れる。
怪しい人ではなかったようなので、捨てるの覚悟でお金を貸し、予定通り岡谷駅で下ろしてきました。

無事に福島に着いたかな~~~
2011. 03. 15  
たいへんな状況です。
起こってしまったものは仕方ありません。
これから僕たちはどう生きていくかが重要だと思います。

ドッジチームの安否についてわかった範囲で掲載します。

連絡ついた分を鳥川ドッジ掲示板に掲載しています。

http://bbsee.info/yanada/

◉アルバルクキッズ
なんとか生きてます。アルバ達も次第に連絡がつくようになりました。ピーチャンや杉小、月見は津波にのまれている地区です。生きていて欲しい。

◉Pchans
ピーチャンズ佐藤さんの情報
下記転記
電気 ガス 水 駄目ですね! 何とか食料確保してお互い頑張りましょう
地区的に電気は遅いみたいです
Pは大体大丈夫みたいですよ

◉月見(ソウルユダさん情報)
月見の全員が無事かは分かりませんが監督、スタッフは無事です! とにかく災害に負ける訳にはいきません。頑張りましょう!

◉岩沼西
全く情報がありません。

◉杉小キャイ~ン(ドッジやろうぜBBSより転載)
一昨日(3/12)の昼頃、杉小のY.Nコーチから奇跡的に電話ありました。
町は壊滅的、携帯もほとんど不通で近しい人たちの安否が確認できないようです。
電気もダメなので情報が入らず、状況がわからないようです。
携帯電話も充電できないだろうから、手短かに切ったので、情報はこんなところです。
◉杉小キャイ~ン (ドッジやろうぜ掲示板より転載 15日)
ついさっき佐藤監督からメールが来ました。
佐藤監督家族無事、家も無事、ドッジメンバーも全員無事との事でした。

◉ブルーインパルス(ブルイン渡邉さんより)
我が家は大丈夫です
実家が南相馬市なので、両親やばあちゃん、妹夫婦が我が家に避難に来てます。南相馬市は最悪です。
須賀川は建物がつぶれたりの被害が出ていますが…ブルインメンバーの人的な被害はありません。

◉鹿島ドッジファイターズ(松本審判員さんより)
チームメイトの中に所在のわからないお宅は一件で津波にさらわれた可能性があります〓
現在も捜索中です。
消防団の弟が連日捜索し、情報収集してくれています。
原発の2号機がいまは一番怖い…逃げるための燃料が手に入らないのも怖さを倍にしてます。
◉鹿島ドッジファイターズ 井村さん
おはようございます。
原子力発電所の避難指示地域ぎりぎりな場所ですが家にいます。
余震より原子力発電所が不安です。
ここも避難指示が出ても行き先、受け入れ先があるのかガソリンは間に合うのか…
荷物はまとめてありますが、心配は尽きません。
でも生きてる。生きて頑張る。

◉河和田ボンバーズ(阿部様)
水戸は大丈夫です。
家の被害はまちまちですが、人的被害はないようです。

◉バイオレンス国田(みゆきちゃん)
こっちゎ、もう最悪です
うちゎ、断水・停電があります
→15日断水が解消されたそうです。
 チームのみんなも元気だそうです。

◉栗生ファイターズ
お蔭様で無事です。
地理的に内陸部と地盤が堅いのが幸いした様です。
子供達も全員無事です。
実家が流されたとか浸水はありますが
元気にしております。
有難うございました。
福島も気をつけて下さい!!
栗生ファイターズ
小野寺

◉原小ファイターズ(原小監督 菅原さま)
原小ファイターズ部員は無事と連絡はありました。全員には直接会ってませんが・・・・・・。
ただ、津波の地域出身のものも多く、それぞれの家族の情報が取れないのが現状です。
ほとんどの家族が避難所生活で、不自由な生活をしています。
そちらも大変でしょうが、頑張ってください。
杉小 月見 ピーチャンの地域が心配です。連絡はまったく取れません。

◉白二ビクトリー(篠崎監督)
ご心配おかけしました。未曾有の出来事にただただ驚いています。幸いにも怪我なく
すむことが出来ました。今は、原発の放射能漏れに関して神経を尖らせている状態で
す。いつになったら落ち着くのでしょうか?また、笑顔でドッジやりたいですね!
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR