--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 07. 22  
明日はアビリンピック長野県大会(障がい者の技能大会)があり私は付添人として出向くため、今週は福島には帰らず日曜は山にでも行こうと考えておりました。

http://www.jeed.or.jp/locati…/shibu/nagano/20_ks_abilin.html

が、一昨日福島の血液センターより電話があり私の血液が必要との事!今週は福島に帰らないので無理と話をして電話を切ったが、そのせいで必要としていた人にもしものことがあったらどうしよう!と気になって昨日電話をしてみた。
 幸い他から調達出来たとの事で今今必要ではなくなったらしいが,定期的に輸血が必要なので来週献血に行くという事にした。
 義務ではないのだが,こういう状況で断る事の難しさを思い知った。何れにしても私の様な血液でも役に立つことがあるのならそんなにうれしい事は無い。
2016. 06. 23  
b60b8553438759f00c5532a037372009.jpeg

GPSで取得するログデータは山行の記録として無くてはならないものに成っています。GPSで現在の標高や距離を確認出来るのでペースの確認も出来ます。
最初に購入したのが2010年HOLUXのm-241cというロガー。ディスプレイが小さくて標高の確認が歳を追うごとに難しくなり,ちょっと大きいディスプレーのものを購入したが,精度がイマイチで有りました。
EPSONでGPSウオッチ(SS-300)を発売したと同時に購入,しかしディスプレイが非常にプアで,精度も良く無かった。
そして、A-GPSを利用するSF-310を2年前に購入。これはディスプレイが見やすくなり,だいぶ活躍。
とはいえ、今では携帯・スマホもGPS搭載が当たり前で、しかも地図まで表示出来るし、ログ取りもするし,写真データの同期まで出来てしまう。なので、それがあれば十分なのだけど,悶々と歩きながら確認するにはやはりウオッチタイプが好き、そんなことで気圧センサーまで搭載したEPSONのMZ-500を購入してみました。
GPSと気圧センサの併用はGARMINなどハンディGPSでは標高の精度を出すために当たり前なのだけど、そっちじゃ重いしね。
ということで、今回スマホのGPSとEPSONのGPSウオッチの精度比較をしてみました。
スマホはSIMフリータイプの
 XPERIA T2(海外もの、2014年製)GPSチップ不明
 Huawei Mate7(海外もの、2015年製)GPSチップ不明
 EPSON Wristable GPS SF-310 GPSチップ EPSON
 EPSON Wristable GPS MZ-500 GPSチップ EPSON
http://www.epson.jp/products/wgps/mz500b/

ea95a2ed93fe18c069bc59df555150fa.jpg

83467fa056d503af3c8762e3815b8112.jpg

結果として
 ・位置情報はどれもほぼ同等。
 ・標高の精度はMZ-500は地理院地図データと比べ±5m以内。
  XPERIAは相当ひどい。累積標高差が倍以上に成ってしまうほどギザギザ。
  Huaweiは絶対値のずれがあるが、滑らか。
   測定間隔(ポイント間隔)が広いので滑らかなのか?
  SF-310は絶対値はだいたい合っているけれど,ちょっとギザギザ。

ヤマレコやYAMAPなど累積標高を算出しているが,測位ポイント間の標高差を累積するが,GPS精度が悪ければ何の役にも立たない。今回のMZ-500は電池のもちも良くかなり精度良く測定出来るみたいだし、使い勝手もだいぶ分かりやすくなっているのでなかなかよさそう。
2016. 05. 24  
今年は雪が少なかった事もあるし,ヤマレコやYAMAPで刺激を受けていつもの年よりスタートがはやい。

 2月11日 裏磐梯スノーシューハイキング(イエローフォール)<青ちゃん>
 2月16日 阿弥陀岳南稜<bumpkinさん>
 3月12日 箕輪山西鴉川<単独>
 3月20~21日 雪洞大会<摩利支天>
 4月02日 奥三界岳<roosterさん>
 4月08日 霧訪山〜牛首峠周回<単独>
 4月20日 霧訪山(会社帰り)<単独>
 5月03日 土湯までウオーキング<奥様>
 5月04日 小野川不動滝ハイキング<単独>
 5月06日 安達太良沼ノ平周回<単独>
 5月16日 笊ヶ岳〜ランカン尾根<単独>
 5月22日 阿弥陀南稜〜赤岳〜地蔵〜阿弥陀北稜〜中央稜<単独>

昨年に想定していた山は全く手がついてないのはどういう事か!!
でも、5月になってからの安達太良,笊、八ヶ岳はなかなか面白かった。
急遽決めた山だったけれど、それなりの充実感が味わえた。
で,今後の予定だけれど今の所行きたいと思っているのが以下の通り。

◉どうしても行きたいところ。
甲斐駒ヶ岳(大岩山~八丁尾根)22.0km
飯豊山(ダイグラ尾根~梶川尾根)27.7km
悪沢岳(鳥倉~三伏峠) 38.6km
野口五郎岳、水晶岳 38.6km

◉時間が出来たら行ってみたい所
悪沢岳(小渋川) 27.8km
空木岳、南駒ヶ岳(伊奈川ダム)23.5km
経ヶ岳(アパートから歩いてく)28.2km
針ノ木岳、爺ヶ岳中峰(扇沢周回)22.5km
仙丈ヶ岳(伊那里地蔵尾根)24.6km
船窪、烏帽子岳、野口五郎岳(七倉ダム)39.5km
船窪、烏帽子岳(七倉ダム)22.9km
槍ヶ岳(新穂高温泉)25.0km
農鳥岳、間ノ岳、北岳24.0km
抜戸岳、笠ヶ岳 17.6km
穂高岳(新穂高ー白出沢)18.1km
鑓ヶ岳、白馬岳(猿倉周回)18.3km
聖岳、兎岳(聖光小屋)・・通行止めらしい19.0km
上河内岳、茶臼岳(易老渡)・・通行止めらしい21.9km

水晶岳往復はどうしても行ってみたいけれど,果たして私の力で行けるかどうか!
時間設定して、リミット来たら引き返すというルールで進むしかない。

小野川不動滝
なかなか立派な滝でした。
IMG_4048_20160524205434af0.jpg

安達太良沼ノ平周回
自宅を出発し,自宅に帰るまで5時間,気持ちのよい山登りが出来た。
DSCF0073.jpg

笊ヶ岳
全く頭にない山でしたが,ネットの友人が行って楽しそうだったので行ってみた。
素晴らしい天気に恵まれ充実した登山が出来た。
DSCF0154.jpg

八ヶ岳
阿弥陀南稜〜赤岳〜地蔵〜阿弥陀北稜〜中央稜
最初は南稜〜中央稜で帰ってくるつもりが、時間が早かったので色気を出して阿弥陀の稜線を継続してみた。
これで阿弥陀岳の稜線は全部登ったことになる。
1463887069408.jpg
2016. 04. 24  
山登りも、ドッジボールも忙しい。
のんびり写真撮影(今年はまだ野鳥撮影していない)もしたいのだけれど。
早いうちに諏訪湖も一周したいし。
ドッジボールは県北支部、県協会の役員の他、引き続き育成会の指導もすることになった。
ああ、考えるだけでブルーになってくる。
それでも、やることがあるってのは、無いよりましだ。
2016. 03. 24  
過酷な長い登り、なんであんな疲れる事をやるんだろう。って皆思っているようで、
確かにその通り、それを克服しなければ素晴らしい絶景や高山植物を堪能することが出来ない。
苦しい登りを克服したからこそ、同じ風景でも違って見える。
でも、やはり多少は余裕をもって楽しみたい。
なので、トレーニングをする。
少しでも楽に登りたい、少しでも遠くまで歩いて多くの感動を得たい。

山登りのためには”体を持ち上げる”力、強力な”心肺機能”、下りでの足への耐衝撃性もしくは歩行法、そしていくら歩いても疲れない様な”持久力”が必要。

何回か11kgの荷物を背負った5kmのランニングをしていて、タイムも上がって来たので火曜日は空身で同じコースをランニングしてみた。
重荷を背負ってランニングしてたのだから当然タイムは良い結果が出るだろうと思っていたものの全然だめだった。
早く走るには心肺機能が重要で、それがついていかなかった。
昨日は再び歩荷ランニングしてみた。足が重く、お腹も空いていて力が出ず先週のタイムに及ばなかった。
そして今日はちょっと違う5.3kmのルートで早足ウオーキングしてみた。ランニングや、歩荷ランニングとは違い心肺機能(脈拍上昇)は問題なかったのだけれど、足に来た。
早足での足の疲れ、むしろ走った方が楽に感じる。

この空身ランニング、歩荷ランニング、歩荷ウオーキングの組み合せは結構面白いかも。
同じトレーニングを続けることで、夫々のタイムアップは計れるかもしれないけれど、偏ったトレーニングになってしまう。
空身ランニングで心肺機能を鍛え、歩荷ウオーキングで足を鍛え、歩荷ランニングで衝撃に耐える強靭な体を作る。
あとは実際に山に行って耐え忍び、持久力を鍛えて行く。

体力に余裕が持てれば楽しく登山が出来る。
そんな事を思い浮かべながら日々を過ごしています。
ホントは暇があったら実際に山登りしていればどんどん鍛えられて行くんですがね。
2016. 03. 22  
1993年からやっているバイク仲間での雪洞掘りと宴会、今年も無事に終了しました。
当初は19−20日で行う予定でしたが、天気が悪そうなので一日後ろ倒しで行いました。

今年はバイク仲間は私ともう一人だけの参加、後はその人の娘さんと、病気で亡くなってしまった仲間の息子とその友達4人でした。息子世代は我々がバイクでレースやってた頃の歳になり大いに活躍してくれました。
IMG_20160320_113111.jpg

雪不足は深刻で、いつも掘ってる場所を諦め、少し離れた場所の吹きだまりを掘り始めましたが、早々にクマザサが生える地面に達してしまいました。
IMG_20160320_143121.jpg

他を探そうかとも思いましたが、時間もないのでその穴をなんとか生かし地面(斜面)に沿って掘り続けました。
天井もかなり薄くなってしまい強度に不安を抱えながらなんとか完成させ、4時過ぎから宴会を行いました。
IMG_20160320_151946.jpg

IMG_20160320_175232.jpg

IMG_20160320_183624.jpg

で、なんと、息子世代は一人を残し泊まるのが怖いと言って帰ってしまい、残った一人も車まで戻って車で就寝、でメンバーの父娘はキャンピングカーに撤収、そんな訳で私が一人っきりで雪洞で寝ました。
IMG_20160320_215745.jpg

天井が薄かったけれど、下がってくる事も無く無事に一晩過ごすことが出来ました。
IMG_20160321_080035.jpg

でも、これだけ雪がすくないのははじめてです。夏は水不足ですね。
2016. 02. 20  
登りと下りの時間の感覚についての考察

by hayabusaHan
登りに比べ、下りは時間が長く感じます。
同じ30分でも倍近く感じ方が違うのではないでしょうか?
ずっと不思議だったのですが、ちょっと思いました。
”歩数”に関係があるのではないか?

下りの歩数は同じ時間でも登りに比べると倍くらいになっている。
ということは同じ歩数なのに、時間は半分しか経っていないのでそれで長く感じてしまうのではないか?

脈拍数や呼吸数の場合はその逆なので違うと思う。

下りの時は後半なので疲れているというのも要因にはなっていると思う。

いずれにしても、下りが嫌いにならない方法はないのかな?
いまのところ、予定時間など目標を立ててそれをクリアするのを楽しみに下る。
カエルだけでなく、なにか楽しみを見つければ苦痛にならない、と考えている。
いずれにしても、体と心に余裕が持てるような体力作りと余裕を持ったコース日程設計が必要と思う。

他にいい方法はないかな?
2016. 02. 08  
座骨神経痛が悪化傾向だったので、ロキソニンを飲み始めた。
2月4日、どうも熱がありそうな感じがしたのでお昼休みに体温計を当ててみたら38.8℃もあってびっくり。
ロキソニンを飲んでいたので、関節痛、頭痛、喉の痛みがわからなかったみたいだ。
体温計で熱があるのを見ちゃうととたんに元気がなくなる。
慌てて会社を休む事にして、アパートに戻り病院へ。
すぐさまインフルエンザの検査・・・A型インフルエンザが出てしまった。

会社ではまだインフルエンザがいないので、どこで移ったか?
最近座骨神経痛の治療を兼ねて温泉通いしているし、日曜日は市民体育祭で多くの子供達と出逢ったし。
温泉は湿度が高いからうつるものなのかね??

インフルエンザはホント久しぶり。
長野に来てからはかかってないし、寒川にいた時になったかどうか?良く覚えていない。
いずれにしても、イナビル吸入し治まるのをじっと我慢。
木、金は38℃以上の熱が続き、悪夢に悩まされ、土曜になって漸く熱が下がった。
シャワーを浴びてさっぱり。
食べるものがなくなったので、スーパーへ買い出し。
うつしやすい時期なのでマスクを2枚重ねし、商品に触らず、決めたものをサッと買う。

日曜になると気分も良くなり、月曜の今日は解熱後2日目ということで休み。
ずーっと部屋にいて時間の感覚がなくなりました。

病気は時々かからないと健康のありがたみがわからなくなります。

おとなしくしていたせいか、座骨神経痛の痛みがだいぶ少なくなった気がします。
立ってないと痛くならない神経痛なので、明日会社に行ってどうか楽しみです。
良くなってると良いな。


2016. 01. 25  
椎間板ヘルニアと仲良くやって来ましたが、1/18の降雪による雪かき作業で座骨神経痛が再発してしまいました。
山歩きを10時間やっても問題なかったのに、数時間の雪かきで出てしまうという事は、雪かき作業ってのはよほど腰に負担をかける作業という事ですね。
股関節から太もも裏にかけて激痛が走っています。
座っていると痛くは無く、立っているとだんだん痛くなって来て3〜5分で立っていられなくなります。
動いていれば長持ちします。
じっと立っているのが最悪です。
運動は出来ます。
走ったり、重いものを持ち上げたりも出来ます。
神経痛ってのは骨や関節に異常が出ている訳ではないので大丈夫なんでしょう。

前回発症時は半年以上かかって治まりましたが、今回はもっと早く治したい。
いろいろやってみようと思います。
2015. 12. 24  
最後の土日は長野で過ごす、天気がよければまたどこか山に行こうと思っていたが、あいにく悪化しそうなのでおとなしくしていよう。
今年は久しぶりに山に沢山行った。職場が変わり海外出張も無くなってしまったので、自分のペースを保つことが出来た。
それでは、とりあえずまとめをしておきましょう。

基本的に、「やった」と感じる行動は「4時間以上でかつ10kmまたは標高差1000m以上」が必要ではないかと感じています。この基準を満たした登山は
  7/14 光岳
  8/ 8 赤石岳(小渋川コース)
 10/16 餓鬼岳・唐沢岳
 11/12 阿弥陀〜赤岳〜権現(舟山十字路)
 12/23 赤岳(真教寺尾根〜県界尾根)
の5つです。
何れも楽しい山でしたが、唐沢岳は結構疲れてめげました。
何はともあれ、昔から念願だった赤石岳にたどり着けたのは記念すべき事でした。

この他のプチ登山としては
  2/11 足尾大岩沢での久々の氷登り
  3月   数年振りの雪洞掘り(2週かけて掘り上げる)
  4〜6月 会社終わってから霧訪山6回
  4〜6月 妻と滝巡り(銚子滝、幕滝)
  4/ 9 鼓滝再訪
  4/29 会社の仲間と日向山、鞍垳山
  5/23 塩の川下流部遡行
  8/16 不動沢遡行
  9/14 坊主岳
 10/25 小野岳周回(ドッジボールのついでに)
 11/ 3 乾徳山、鶏冠山(黒川山)の2山
 11/29 七つ森(ドッジボールのついでに)
 9〜12月 鬼面山、箕輪山3回

ヤマレコで記録を整理し始めたのですが、自分の記録に物足りなさを感じてしまいます。
廻りのみんなの記録がすごく気になります。
楽しいコースがまだまだ沢山ある事に気づかされちゃいます。
高い山とか百名山などではなく、楽しいルートが山ほどあるのです。
七つ森などはその最たるものでしょう。
八ヶ岳の真教寺尾根ってのもごく最近知ったばかりです。

いろいろ登りたい山をリスト化してましたが、改めなくては行けません。
それに冬の間にしっかりトレーニングを積んでおかないと。
毎年お正月には体重が一気に増えているので今度はしっかり管理しないと。

楽しく山登りするためには体調管理が一番大切です。

来年も頑張りましょう。
プロフィール

はやぶさ半

Author:はやぶさ半
福島から長野伊那谷に単身赴任中。ドッジボール、登山などずらずら日記です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。